江戸東京たてもの園・三井八郎右衞門邸

江戸東京たてもの園・三井八郎右衞門邸

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・西ゾーンに移築されているのが、三井八郎右衞門邸(みついはちろうえもんてい)。麻布笄町(あざぶこうがいちょう=現・港区西麻布3丁目)に昭和27年に建てられた邸宅です。

三井財閥の面影を残す名建築

明治39年、第10代三井総領家(三井財閥)当主・三井八郎右衞門(三井高棟・みついたかかね)は、東京市麹町区から麻布区今井町(現・港区六本木)に居を移しています。
これが有名な大邸宅「今井町邸」で、敷地面積1万3500坪、辺の役宅も含めると1万6000坪という大邸宅でした。
能舞台や庭園、テニスコートを備え、後に国宝となる茶室「如庵」が移築されるなど、三井財閥を統率する三井高棟の本邸にふさわしい造りでした。
昭和8年に高棟の隠居に伴い、今井町邸はその子、第11代当主・三井八郎右衞門(三井高公・みついたかきみ)が継ぎますが、昭和20年月25日の空襲で、蔵を残して「今井町邸」は焼失。

戦後、財閥解体(GHQの占領政策のひとつで、侵略戦争の経済的基盤となった三井、三菱、住友、安田4の4財閥を解体、法人資本主義化)を経た三井総領家は、占領が解かれた昭和27年、麻布笄町(現・港区西麻布3丁目)に移転。
この麻布笄町の三井八郎右衞門邸を江戸東京たてもの園に移築し、平成8年から公開。

1階は南側に客間、食堂などの居住空間、北側に事務室・厨房・配膳室などがあり、2階は南側に夫婦の寝室、北側に浴室・仏間などが配されています。

1階の客間と食堂には京都・油小路三井邸(明治30年頃築)の奥書院の部材を使用。
油小路三井邸は、先代の三井高棟の考えで、窓や欄間には桂離宮の意匠を取り入れていました。
現存する1・2階の襖(ふすま)、障子、戸に描かれた絵画の大半は、明治時代、四条円山派の画家が描いた作品です。

三井八郎右衞門邸の南東には和室「望海床」を移築していますが、三井高棟が隠居後を過ごした神奈川県大磯の「城山荘」(三井高棟の画室)から西麻生へと移築されたものを再移築。

三井八郎右衞門邸は三井財閥の文化が凝縮されている建物ともいえるのです。

江戸東京たてもの園・三井八郎右衞門邸
名称 江戸東京たてもの園・三井八郎右衞門邸/えどとうきょうたてものえん・みついはちろうえもんてい
所在地 東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内
関連HP 江戸東京たてもの園公式ホームページ
電車・バスで JR武蔵小金井駅から西武バス、小金井公園西口下車。または、関東バス三鷹駅行きで江戸東京たてもの園前、小金井公園前、スポーツセンター入口、下車
ドライブで 中央自動車道調布ICから約8km
駐車場 小金井公園第1駐車場(454台/有料)・第2駐車場(114台/有料)
問い合わせ 江戸東京たてもの園 TEL:042-388-3300
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小金井公園

小金井公園

東京都小金井市関野町1丁目、旧小金井街道・玉川用水北側に広がる80haもの広大な都立公園が、小金井公園。日比谷公園の4.9倍、上野公園の1.5倍という広さを誇り、広々とした草地、武蔵野の面影を残す雑木林、桜の園、バーベキュー広場、テニスコー

江戸東京たてもの園・ビジターセンター(旧光華殿)

江戸東京たてもの園・ビジターセンター(旧光華殿)

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・センターゾーンにあるビジターセンターは、旧光華殿を再生したもの。光華殿は昭和15年、宮城前広場(現・皇居前広場)で行なわれた『紀元二千六百年式典』のために仮設された式殿で、昭和16年

江戸東京たてもの園・高橋是清邸

江戸東京たてもの園・高橋是清邸

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・センターゾーンに移築されているのが、高橋是清邸(たかはしこれきよてい)。明治34年、高橋是清が赤坂に新築した自邸で、大蔵大臣時代に二・二六事件で暗殺されたのも、この自邸で。軍部クーデ

江戸東京たてもの園・小寺醤油店

江戸東京たてもの園・小寺醤油店

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・東ゾーンにあるのが、小寺醤油店(こでらしょうゆてん)。下町の風情を楽しむことができるという東ゾーンに移築された味噌や醤油なども扱った酒屋で、建物のなかには、当時の暮らしや商売の道具、

江戸東京たてもの園・子宝湯

江戸東京たてもの園・子宝湯

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・東ゾーンにあるのが、子宝湯(こだからゆ)。下町の風情を楽しむことができるという東ゾーンに移築された昭和4年築の典型的な銭湯建築が、子宝湯で、もともとは足立区千住元町に建っていました。

江戸東京たてもの園・田園調布の家(大川邸)

江戸東京たてもの園・田園調布の家(大川邸)

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・西ゾーンにあるのが、田園調布の家(大川邸)。大正14年に、当時の新興住宅地、田園調布に建てられた住宅で、居間を中心に食堂・寝室・書斎が配置されたモダンな造り。当時としては珍しい、全室

江戸東京たてもの園・万世橋交番

江戸東京たてもの園・万世橋交番

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・東ゾーンにあるのが、万世橋交番(まんせいばしこうばん)。下町の風情を楽しむことができる東ゾーンに移設された交番で、正式名称は、須田町派出所。神田川に架る万世橋のたもと、神田須田町1に

江戸東京たてもの園・旧自証院霊屋

江戸東京たてもの園・旧自証院霊屋

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・センターゾーンにあるのが、旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)。尾張藩2代藩主・徳川光友(とくがわみつとも)の正室・千代姫が、母・お振の方(3代将軍徳川家光の側室)を供養するた

江戸東京たてもの園・八王子千人同心組頭の家

江戸東京たてもの園・八王子千人同心組頭の家

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・西ゾーンにあるのが、八王子千人同心組頭の家(はちおうじせんにんどうしんくみがしらのいえ)。八王子千人同心は、八王子に配備された徳川家の家臣団で、当初は八王子の治安を維持する役割を担っ

江戸東京たてもの園 デ・ラランデ邸

江戸東京たてもの園 デ・ラランデ邸

東京都小金井市、都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園・西ゾーンにあるのが、デ・ラランデ邸。明治43年頃、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデ(Georg de Lalande)が、平屋建てを3階建てとして大規模に増築した洋館で、往時は新

江戸東京たてもの園・三井八郎右衞門邸

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!