両国橋

両国橋

東京都中央区(西側)と墨田区(東側)の間を流れる隅田川(旧・大川)に架る橋が両国橋。貞享3年(1686年)に利根川東遷武蔵・下総国境が変更されるまでは、現在の墨田区側が下総国だったため、両国橋という名が生まれています。現在の橋は、昭和5年、関東大震災からの帝都復興で架橋された橋です。

帝都復興で隅田川に東京市が架橋したゲルバー橋

両国橋

初代の両国橋は、万治2年(1659年)もしくは寛文元年(1661年)、隅田川では千住大橋に次いで、2番目に架橋された橋。
防御的な意味合いで隅田川の橋は千住大橋を除いて架橋が許されませんでしたが、明暦3年(1657年)の明暦の大火の際、橋がないことで多くの人が逃げ場を失ったという反省、さらに幕府の安定から、両国橋が架けられたのです。
当初は大橋が正式名で、両国橋は俗称でしたが、元禄6年(1693年)、隅田川3番目の橋として新大橋が架橋されたため、両国橋が正式名に採用されています(その時点では、すでに東岸も武蔵国)。

明治8年に架橋された最後の木橋は、明治30年8月10日の花火大会の最中に、あふれんばかりの花火見物の客が橋に押し寄せ、欄干が崩れ落ちて、「数十人は箕より豆の落つるが如く一度に川中に墜落し其儘溺死をとぐるもあり橋下の船又は橋柱に身体を打ちつけて重軽傷を負へるものあり、ソレ橋が落ちた、欄干がおちたと泣く声喚く声すさまじく、橋上の人、橋下の船は乱れに乱れ狂ひに狂ひ今迄の歓楽境は忽ち化して修羅場となり」(『時事新報』)という、橋の崩落事件が起こっています。

この事件を受けて、現在の両国橋の20mほど下流に鉄橋(曲弦トラス3連桁橋)が架け替えられ(旧両国橋・広小路跡という表示があります)、明治37年11月14日に開通式が行なわれています。
この橋は大正12年9月1日の関東大震災でも大きな被害がなく、残りましたが、帝都復興で国が架橋した隅田川六大橋(相生橋、永代橋、清洲橋、駒形橋、言問橋、蔵前橋)とともに現在の「ゲルバー橋」(カンチレバー橋)に架替えられています。

橋長164.5m、幅員24.0mで、昭和7年5月18日竣工。
東京市が発注し、石川島造船所の施工で、言問橋とともに東京都の東京都選定歴史的建造物に選定。

「ゲルバー橋」(カンチレバー橋)とは、 ドイツの土木技術者ゲルバーが考案した架橋方法で、橋脚と橋脚の間の桁(けた)に蝶番(ちょうつがい)の働きを有したヒンジ(継ぎ目)を設けた橋で、架橋当時は、隅田川の言問橋(ことといばし)、大阪の天満橋(てんまばし)とともに「日本三大ゲルバー橋」と呼ばれていました(現在では大阪の港大橋、東京ゲートブリッジなどさらに巨大なゲルバー橋があります)。

明治37年架橋の鉄橋は、3連トラスのうち1連が亀島川の最下流、南高橋(土木学会選奨土木遺産)に転用され、現存しています。

両国橋近くには、神田川の河口があり、柳橋が架かっているほか、東京水辺ライン両国発着場、両国国技館があります。
また両国橋周辺の隅田川の岸辺には隅田川テラスが整備され、散策にも絶好。

両国橋
名称 両国橋/りょうごくばし
所在地 東京都中央区東日本橋2〜墨田区両国1
関連HP 東京観光財団公式ホームページ
電車・バスで JR・都営地下鉄両国駅から徒歩5分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千住大橋

千住大橋

東京都足立区(北岸)と荒川区(南岸)の間を流れる隅田川に架る国道4号(日光街道)の橋が千住大橋。文禄3年(1594年)、徳川家康の関東転封に伴い、隅田川に最初に架けられた橋がこの千住大橋です。現在の旧橋(国道4号北行)は関東大震災からの帝都

南高橋

南高橋

東京都中央区の亀島川(かめじまがわ)にかかる美しい橋が、南高橋(みなみたかばし)。桜通りと呼ばれる中央区道第416号線に架橋された橋ですが、もともとは明治37年に隅田川に架橋された両国橋のの3連トラス橋のうち、中央部を転用したもの。その歴史

白鬚橋

白鬚橋

東京都荒川区、台東区・墨田区の間を流れる隅田川に架る歴史ある橋が白鬚橋(しらひげばし)。明治通りと通称される東京都道306号(王子千住夢の島線)の橋で、橋名は東岸の白鬚大明神(現・白鬚神社/墨田区東向島)に由来します。つまり、「ひげ」は、髭

中央大橋

中央大橋は、八重洲通り(東京都道463号上野月島線中央大橋支線)が通る隅田川に架かる橋で、その名の通り、中央区の新川2丁目と佃1丁目を結んでいます。隅田川では千住汐入大橋(平成18年架橋)に次いで新しい橋で、平成5年8月26日、レインボーブ

新大橋

隅田川をまたぐ新大橋通り(東京都道・千葉県道50号東京市川線)に架かる橋。中央区日本橋浜町2・3丁目と江東区新大橋1丁目を結ぶ橋で昭和52年に完成。もともとは、元禄6年12月7日(1694年1月4日)に当時「大橋」と呼ばれた両国橋に続く橋と

清洲橋

清洲橋(きよすばし)は、関東大震災の復興事業で造られた全長186.2mの自碇式吊橋(じていしきつりばし)で、昭和3年に完成。永代橋(えいだいばし)とともに、隅田川を代表する美橋として知られ、河口に位置する永代橋が男性的で雄大なデザインである

勝鬨橋

隅田川最下流に位置する勝鬨橋(かちどきばし)は、昭和15年に東京市で開催予定で幻となった「紀元2600年記念日本万国博覧会」のメインゲートとして計画。昭和15年、中央が可動式のアーチ橋として完成した、全長246mの跳開橋です。かつては橋の中

永代橋

清洲橋とともに隅田川を代表する美橋として有名な永代橋は、関東大震災後の帝都復興事業として、大正15年に竣工。全長185mのタイド・アーチ橋で、ドイツのライン川に架かっていたルーデンドルフ橋(Ludendorffbrücke)をモデルに、隅田

駒形橋

吉原通いの遊び人が使う代表的な渡しだったのが隅田川にあった「駒形の渡し」。黄昏(たそがれ)時に、舟を降りた粋人が、土産の紅などを購入して吉原へ向かいました。そんな「駒形の渡し」ですが、関東大震災後の復興計画で、昭和2年6月25日に駒形橋が架

両国国技館

両国国技館

明治42年、両国の回向院(えこういん)境内に建てられたのが国技館のはじまり。江戸時代に勧進相撲が回向院で行なわれたのが由来で、その後、昭和33年に日大が買収し、昭和57年まで日本大学講堂として使われていました。現在の両国国技館は、国鉄バス駐

吾妻橋

1774(安永3)年10月17日に隅田川に架けられた歴史ある橋。隅田川の俗称である大川の名を取って大川橋と称していましたが、江戸の東にあるために町民たちから「東橋」と呼ばれ、吾嬬神社への参詣道でもあることから吾妻橋になりました。現在の橋は関

蔵前橋

蔵前橋

東京台東区蔵前1丁目(西岸)と墨田区横網1丁目(東岸)の間を流れる隅田川(旧称・大川)に架る橋が蔵前橋(くらまえばし)。関東大震災後、帝都復興で国が架橋した6橋のひとつで、大正13年9月に着工、昭和2年11月26日竣工の橋。復興局が蔵前橋通

言問橋

言問橋

東京都台東区(西岸)と墨田区(東岸)の間を流れる隅田川(旧称・大川)に架る橋が、言問橋(ことといばし)。関東大震災後、帝都復興で内務省復興局(帝都復興院)が担当した6橋(隅田川六大橋)のひとつで、震災以前は「竹屋の渡し」(向島の渡し、待乳の

相生橋

相生橋

東京都中央区・佃島(つくだじま/西岸)と江東区・越中島(東岸)の間を流れる隅田川(旧称・大川)の分流に架る橋が、相生橋(あいおいばし)。橋の中ほどには中の島があり江東区立中の島公園が整備されています。現在の橋は、平成10年12月19日に開通

厩橋

厩橋

東京都台東区(西岸)と墨田区(東岸)の間を流れる隅田川に架るレトロな橋が、厩橋(うまやばし)。現存する橋は、関東大震災後の昭和4年9月、帝都復興計画に基づいて東京市復興局が架橋した橋。地盤の良さを反映して、隅田川で唯一の3連アーチ橋です。帝

両国橋

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!