神田川・お茶の水分水路

神田川・お茶の水分水路

東京都文京区、江戸城の外堀として開削された神田川ですが、JR水道橋駅の東側から下流の昌平橋までの間(昌平橋下流~水道橋下流、1.3km)、神田川に沿って文京区側(北側)の地中を流れるのが、神田川・お茶の水分水路。取水口側にはお茶の水分水路碑(石碑)が立っています。

神田川に4ヶ所ある分水路で、お茶の水渓谷の地下を抜ける

神田川・お茶の水分水路
お茶の水分水路の石碑

神田川の中流部(お茶の水一帯)は、もともと江戸時代の初期、幕府の命により仙台藩が本郷台地(神田山)を開削して導水した河道。
そのため峡谷を形成していますが、拡幅による河道整備が困難で、洪水の際の対策上のネックになっていました。

神田川の治水安全度向上を目的に、バイパス的な流路を築いたのがお茶の水分水路。
全区間が神田川沿いの外堀通り・都道405号(外濠環状線)の地下に敷設されています。

昭和62年~平成6年にかけて上流開削区間(220m)と、湯島聖堂あたりまでのトンネル区間(760m)を整備し、その後、平成8年~11年にかけて、下流開削区間(320m)を整備しています。

神田川にはお茶の水分水路のほか、江戸川橋分水路(江戸川橋上流〜新白鳥橋下流)、高田馬場分水路(妙正寺川・新目白通り地下1.2km、高戸橋上流で合流)、水道橋分水路(白鳥橋下流〜水道橋下流で)があります。

神田川・お茶の水分水路
左側が取水口、その上部がプロムナードに
神田川・お茶の水分水路
お茶の水分水路のプロムナード
神田川・お茶の水分水路
名称 神田川・お茶の水分水路/かんだがわ・おちゃのみずぶんすいろ
所在地 東京都千代田区外神田1丁目~文京区本郷1丁目
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
神田川

神田川

東京都三鷹市井の頭恩賜公園内にある井の頭池を源流に、両国橋脇の柳橋で隅田川に合流する一級河川が、神田川。かぐや姫の『神田川』はフォークソングの代表曲としても知られますが、御茶の水周辺が舞台ではなく、東中野(中野区)あたりだといわれています。

神田上水懸樋跡

神田上水懸樋跡

東京都文京区、神田川の中央本線が走る対岸(北岸)、文京区立元町公園近くにあるのが、神田上水懸樋跡(かんだじょうすいかけひあと)。江戸時代、東京の水道だった神田上水が神田川を越える施設が懸樋で、木樋(木製の水道管)と木橋、石樋(石製の水道管)

聖橋

聖橋

東京都千代田区神田駿河台4丁目と文京区湯島1丁目の間を流れる神田川に架る橋が、聖橋(ひじりばし)。優美なコンクリートアーチ橋は、関東大震災後に架橋された復興院(後の復興局)の震災復興橋梁のひとつで、昭和2年の完成。御茶ノ水のシンボルは、土木

神田川・お茶の水分水路

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!