旧永井家住宅

旧永井家住宅

東京都町田市、町田薬師池公園の薬師池の西側にあるのが、国の重要文化財に指定される旧永井家住宅。多摩丘陵(町田市小野路町)にあった江戸時代中期築の農家ですが、多摩ニュータウンの建設に伴って町田市に寄贈され、昭和50年に公園内に移築。東京都下では最古に属する貴重な民家です。

多摩丘陵に建てられた江戸時代中期の農家を移築保存

旧永井家住宅

桁行(建物の幅)15.0m、梁間(奥行き)8.8m、寄棟造り(よせむねづくり)、茅葺き(かやぶき)、平面は古式な三間取広間型(みまどりひろまがた)、四方下屋造(しほうげやづくり=梁行三間の上屋に四本の柱を建てた構造で、神奈川県の民家にも共通する造り)です。

大幅に改変されていたため、移築の際に江戸時代中期の内部に復原されています。

旧永井家住宅
旧永井家住宅
名称 旧永井家住宅/きゅうながいけじゅうたく
所在地 東京都町田市本町田3105 町田市立薬師池公園内
関連HP 町田市公式ホームページ
電車・バスで 小田急線町田駅から神奈川中央交通バス本町田経由野津田車庫・鶴川駅行きで15分、薬師池下車すぐ
ドライブで 中央自動車道国立府中ICから約12.5km
駐車場 薬師池公園駐車場(200台/1時間まで無料、以降有料)
問い合わせ 町田薬師池公園 TEL:042-851-8942/FAX:042-851-7825
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
町田薬師池公園

町田薬師池公園

東京都町田市にある東京都の名勝、日本の歴史公園100選に選定の町田を代表する公園が、町田薬師池公園。中心となる薬師池は、戦国時代末の天正18年(1590年)頃までに築かれたという農業用の溜池です。四季の花咲く園内には、江戸時代の古民家2棟(

旧永井家住宅

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!