上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑

上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑

東京都港区南青山2丁目の青山霊園にあるのが、上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑。忠犬として有名なハチ公は、飼い主の東京帝国大学(現・東京大学)教授の上野英三郎(大正14年5月21日没)が飼っていた秋田県で、上野英三郎の墓の横にある小さい祠がハチの墓です。

上野英三郎博士の傍らに眠るハチ

昭和10年3月8日に満11歳で没したハチは、3月12日に渋谷駅で上野博士の妻・八重も列席し、ハチの告別式が行なわれています。
死後、東京帝国大学で解剖され、剥製が国立科学博物館に、臓器標本は東京大学農学資料館に展示されています。
骨格標本は、東京大空襲で失われています。

上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑があるのは青山霊園の東三通り沿い。
墓所が東向きに立っているので、道沿いですが道からは見えづらい位置にあります。

上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑
名称 上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑/うえのえいざぶろうのはか・ちゅうけんはちこうのひ
所在地 東京都港区南青山2-32-2
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ外苑前駅から徒歩7分。東京メトロ、都営地下鉄青山一丁目駅から徒歩9分。東京メトロ乃木坂駅から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 青山霊園管理所 TEL:03-3401-3652
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
青山霊園

青山霊園

東京都港区南青山2丁目にある都立霊園が、青山霊園。明治5年、新政府に恭順していた美濃郡上藩主・青山幸宜(あおやまゆきよし)の下屋敷跡に開いた神葬祭墓地が前身で、明治7年に谷中霊園などとともに公共墓地となったもの。南北に貫通する区道には桜が植

ハチ公前広場・忠犬ハチ公像

ハチ公前広場・忠犬ハチ公像

東京都渋谷区道玄坂、渋谷の待ち合わせ場所として有名なJR渋谷駅北口にある駅前広場がハチ公前広場。広場にある犬の銅像が「忠犬ハチ公」(2代目ハチ公像)で、広場の名の由来にもなっています。対面型アバターロボットなども備えた観光案内施設「SHIB

上野英三郎の墓・忠犬ハチ公の碑

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!