行船公園(平成庭園・源心庵)

行船公園(平成庭園・源心庵)

東京都江戸川区北葛西3丁目にある美しい庭園が行船公園(平成庭園・源心庵)。昭和8年、田中源(たなかげん)が、区民福祉の増進と生活文化向上のための公園用地として、東京市へ寄付した地が行船公園。平成元年4月16日に公園の北側に平成庭園・源心庵が整備されています(南側は江戸川区自然動物園)。

行船(ぎょうせん)は、田中源の屋号

昭和8年7月、東京府会議員時代の田中源が、東京市に寄贈した1万坪の土地が行船公園の前身。
昭和25年、江戸川区に移管され、公園として再整備されたもの。
行船(ぎょうせん)は、田中源の屋号です。
「潮入りの池」を中心とした築山池泉廻遊式(つきやまちせんかいゆうしき)の庭園で、「潮入りの池」は、江戸時代に江戸湾の水を引き込んでいた潮入り式庭園を模したもの(水位が上下する仕組み)。
源心庵は、純日本建築の数寄屋造りで、水との関わりをテーマに、月見台を大きく池へ張り出した浮御堂(うきみどう)の形式で建てられています。

3月下旬~4月上旬の桜、4月上旬~6月上旬のツツジ、5月中旬~6月下旬のハナショウブ、5月上旬~7月中旬のスイレンと、花見も楽しむことができます。
桜の開花期には枝垂桜のライトアップも実施。

紅葉の見頃例年11月中旬~12月中旬。
入園無料の江戸川区自然動物園も園内にあります。

南葛飾郡の発展に尽力した田中源

行船公園(平成庭園・源心庵)

田中源は、明治9年10月18日、東京府南葛飾郡葛西村(現在の東京都江戸川区の南部)に生誕。
明治41年に葛西村村会議員、その後、南葛飾郡郡会議員、同郡議会議長、葛西村村長、大正8年、大正13年、昭和7年に東京府会議員(政友会から立候補)、南葛飾郡農会会長、東京市会議員、東京府会議長を歴任し、昭和11年の第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)では大政翼賛会の推薦を受けずに当選(戦後は翼賛政治に批判的な議員が中心となって結成した日本自由党に入党)、葛西地域や南葛飾郡の発展に尽力した人物です(昭和22年没)。

行船公園(平成庭園・源心庵)
名称 行船公園(平成庭園・源心庵)/ぎょうせんこうえん(へいせいていえん・げんしんあん)
所在地 東京都江戸川区北葛西3-2-1
関連HP 江戸川区公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ西葛西駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速清新町ICから約1km
駐車場 なし/都立宇喜田公園駐車場(有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 源心庵 TEL:03-3675-6442
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
江戸川区自然動物園

江戸川区自然動物園

東京都江戸川区、行船公園内にある区立の動物園が江戸川区自然動物園。オーストラリア政府の認定の動物園で、オーストラリアやタスマニア島に生息する「ベネットアカクビワラビー」も飼育されています。無料で入園できますが、ふれあいコーナーもあり、充実し

行船公園(平成庭園・源心庵)

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!