馬水槽

馬水槽

東京都新宿区新宿3丁目、JR新宿駅の東口駅前広場にあるのが、馬水槽。赤花崗岩で造られた水槽で、前面の上部が馬用、下部が犬猫用の水飲み場、その裏面が人間の水飲み場という珍しいもの。明治39年、当時の東京市役所前(現在の千代田区、東京国際フォーラム)に設置されたものを移設保存。

ロンドン市水槽協会寄贈の馬水槽が新宿駅東口に現存!

ヨーロッパで実際に使用された馬の飲料水道で、「日本の近代上水道の父」といわれる中島鋭治(なかじまえいじ)が東京府東京市水道技師から東京帝国大学土木工学教授に就任した明治34年に欧米視察出張、その際、ロンドン水槽協会(倫敦水槽協会)から日本に寄贈されたという由緒あるものです(明治39年、東京市役所前に設置)。
ライオンをかたどった口から給水される馬用のほか、犬猫用の水飲み場があるのが、いかにもヨーロッパ的。

大正時代の初めまでは荷馬車を引いた馬の水飲み場として活用されましたが、大正7年、麹町の東京市水道局守護門前に移設。
その後、関東大震災もあり、昭和32年に淀橋浄水場に設置、さらに昭和39年、新宿駅東口ステーションビル(現・ルミネエスト新宿)の完成を記念して「みんなの泉」と命名され新宿駅東口に移設保存されています(東京都の有形文化財)。

東京都水道歴史館にはレプリカが展示され、人気の展示物になっていますが、実物は、意外にも新宿駅東口に。

東京都内では、馬水槽のほか、羽村取水堰と玉川上水(羽村市)、駒沢給水塔(世田谷区)、村山貯水池・山口貯水池(東大和市、埼玉県所沢市)、金町浄水場(葛飾区)、境浄水場(武蔵野市)、小河内ダム(西多摩郡奥多摩町)、元町浄水場(板橋区)とともに近代水道百選に選定されています。

馬水槽
名称 馬水槽/ばすいそう
所在地 東京都新宿区新宿3-38-1 JR新宿駅東口広場
電車・バスで JR・京王電鉄・小田急電鉄・東京地下鉄・東京メトロ・都営地下鉄新宿駅から徒歩3分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
羽村取水堰

羽村取水堰

東京都羽村市にある多摩川河口から53.9kmに位置する堰が羽村取水堰(はむらしゅすいせき)。玉川上水の取水口で、左岸側(上流から見て)にある全長380mの投渡堰(なげわたしぜき)と、右岸側の固定堰で構成される世界的にも珍しい堰です。現在の堰

玉川上水緑道

玉川上水緑道

東京都福生市の平和橋から杉並区・浅間橋までの24kmにも続く都立公園が、玉川上水緑道。江戸市中へ飲料水を供給していた江戸六上水(玉川上水、神田上水、本所上水、青山上水、三田上水、千川上水)のひとつ、玉川上水の脇を緑道として整備したもので、春

駒沢給水塔

駒沢給水塔

東京都世田谷区弦巻2丁目にある東京水道名所にも選定される東京都水道局の給水施設が、駒沢給水塔(駒沢給水所配水塔)。南豊島郡渋谷町(昭和7年、東京市に編入、渋谷区の一部に)が、人口増大を背景に、東京府荏原郡駒澤町弦巻に築いた給水塔で、関東大震

村山貯水池(多摩湖)

村山貯水池(多摩湖)

東京市の人口増加に対応した水源確保のため、狭山丘陵の谷を活かして昭和2年に完成したダム湖。多摩川の水を羽村取水堰(はむらしゅすいせき)で取り入れ、導水管にて村山貯水池に導いて貯水しています。ダム湖百選、近代水道百選、土木学会選奨土木遺産、村

金町浄水場取水塔

金町浄水場取水塔

東京都葛飾区と千葉県松戸市の境を流れる江戸川、矢切の渡しの北、葛飾区金町側にある金町浄水場から江戸川に突き出しているのが金町浄水場取水塔。取水塔は、大正15年8月、南葛飾郡、南足立郡、北豊島郡の12町村に給水する江戸川上水町村組合の施設とし

境浄水場

境浄水場

東京都武蔵野市にある東京都水道局の浄水場が、境浄水場。東京市の水道需要の切迫を受けて、大正13年3月30日に通水を開始。村山貯水池(多摩湖)、山口貯水池(狭山湖)の完成を受けて(昭和2年)、両貯水池の水が導水され、日本で最大規模の緩速ろ過方

小河内ダム

小河内ダム

東京都西多摩郡奥多摩町にある「東京の水がめ」と呼ばれるダムが小河内ダム(おごうちだむ)。ダム湖の小河内貯水池は奥多摩湖と呼ばれています。昭和32年11月26日に竣工した堤高148.0m、堤頂長353.0mという巨大なコンクリートダムで、水道

馬水槽

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!