清新町緑道

清新町緑道

東京都江戸川区、新長島川親水公園の脇に続く緑道が、清新町緑道。新長島川親水公園、清新町緑道と緑滴る園地が続き、新左近川親水公園から先に臨海町にも緑道が続いて、江戸川区のオアシスを構成。水の舞台、光の塔というオブジェも設置されています。

新長島川親水公園と葛西臨海公園を結ぶ緑道

清新町緑道

新左近川親水公園の南に続く臨海町部分の緑道とあわせて1kmほどの散歩道で、春に黄色の花をつけるフサアカシアは、清新町緑道のシンボルツリー的な存在。
平成23年には、ウンシュウミカン、フジバカマ、ガザニア、ジュコウアゲハの食草であるウマノスズクサなど、蝶の好む植物を植えたバタフライガーデンを造成し、アゲハチョウなどが飛来するようになっています。

緑道周辺は、シジュウカラ、ヒヨドリ、カワラヒラなどのバードウォッチングにも絶好。
実は江戸川区は、公園面積が768haと23区でトップを誇り、親水公園や緑道も多く野鳥の生息にも絶好の環境なのです。
長距離を歩きたい人は、葛西親水四季の道とを結ぶロングウォーキングも可能なほか、清新町緑道から、葛西臨海公園に入る人も。

ちなみに清新町は昭和47年から開始された「葛西沖開発土地区画整理事業」(葛西沖開発事業=東京都建設局による葛西沖の埋め立て・開発事業)の埋め立てで誕生した町です。

清新町緑道
名称 清新町緑道/せいしんちょうりょくどう
所在地 東京都江戸川区清新町2丁目
関連HP 江戸川区公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ西葛西駅から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 江戸川区都市開発部都市計画課 TEL:03-3652-1151
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
新長島川親水公園

新長島川親水公園

東京都江戸川区、江戸川と中川を結んだ運河の長島川に下流側で連絡する新長島川の河川跡(埋立地/全長530m)を公園に転用したのが、新長島川親水公園。じゃぶじゃぶ池や噴水広場も整備され、夏場は水遊びに絶好。2月中旬〜4月中旬には植栽された水仙が

新左近川親水公園

新左近川親水公園

東京都江戸川区臨海町3丁目、新左近水門で荒川に注ぐ左近川沿いにつくられた江戸川区で4番目の親水公園が、新左近川親水公園。新左近川親水公園カヌー場のある広い水面を有する公園で、葛西地区の埋め立てで誕生した新左近川の川沿いに全長750m、17h

葛西親水四季の道

葛西親水四季の道

東京都江戸川区、江戸川と中川を結んだ運河の長島川の河川跡を遊歩道(グリーンロード)としたのが、葛西親水四季の道。葛西地域を東西に流れる川は埋め立てられて往時の姿を失っていますが、道沿いにはかつての橋の親柱がのこされる場所もあり、運河跡の痕跡

葛西臨海公園

葛西臨海公園

JR葛西臨海公園駅のすぐ目の前から公園が始まる葛西臨海公園(かさいりんかいこうえん)。敷地面積は東京ドームの17個分にも相当するという広大なもの。東京湾一望のシーサイドリゾートで、干潟の環境をできる限り復元した鳥類園エリア、水族館エリア、蓮

清新町緑道

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!