昭和記念公園・盆栽苑

昭和記念公園・盆栽苑

東京都立川市、国営昭和記念公園の日本庭園内にあるのが、盆栽苑。庭門を入ると内部には所狭しと見事な盆栽が展示されています。平成16年11月3日、日本初の国営盆栽展示施設としてオープンしたもので、日本で最もレベルと格調の高い『国風盆栽展』クラスの盆栽を中心に展示されています。

日本初の国営盆栽展示施設

昭和記念公園・盆栽苑

展示される盆栽は、さすがに国営だけあって一般社団法人日本盆栽協会の協力を得て、全国各地の愛好家が寄贈した『国風盆栽展』クラスの名品盆栽61鉢が中心。
四季にあわせた盆栽の展示が行なわれるほか、企画展なども開催されています。

苑内は、盆栽の楽しみを紹介する「エントランスゾーン」、盆栽の種類・育て方を紹介する「学習ゾーン」、古木を展示している「展示ゾーン」、室内での床飾りや棚飾り、盆栽の相談を受け付ける「讃樹亭」の4つのゾーンで構成。

盆栽を鑑賞する上で重要な「盆栽の三要素」(根張り、幹、枝配り)や、さまざまな樹形など盆栽に関する基本的な知識を学ぶことができ、学習ゾーンでは、盆栽が作られていく過程をわかりやすく解説されているので、盆栽に興味がない人でも引き込まれる魅力がたっぷり。

盆栽は「水かけ5年」といわれるくらい水の管理が大切で、ベテランスタッフが五葉松の手入れする様子なども見学することができます。

盆栽は、完成することのない「生きた芸術」のため、「BONSAI」として海外で評価されても、国営の展示施設が設けられることはありませんでした。
昭和記念公園内に盆栽苑が開設されたことは、盆栽も芸術品(完成品)として国が認知したということに。

昭和記念公園・盆栽苑
昭和記念公園・盆栽苑
昭和記念公園・盆栽苑
名称 昭和記念公園・盆栽苑/こくえいしょうわきねんこうえん・ぼんさいえん
所在地 東京都立川市緑町3173
関連HP 国営昭和記念公園公式ホームページ
電車・バスで JR西立川駅から徒歩2分で西立川口。JR立川駅から徒歩10分であけぼの口、JR東中神駅から徒歩10分で昭島口
ドライブで 中央自動車道国立府中ICから約8km
駐車場 立川口駐車場(1755台/有料)、西立川口駐車場(345台/有料)、砂川口駐車場(431台/有料)
問い合わせ 国営昭和記念公園管理センター TEL:042-528-1751
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

東京都立川市、昭島市にまたがる165.3haという広大な公園が国営昭和記念公園。大正11年に帝都防衛のために築かれた立川陸軍飛行場が前身で、戦後、アメリカ空軍立川基地だった場所。昭和天皇在位50年を記念して昭和58年10月26日、国営昭和記

昭和記念公園こもれびの里・旧石井家住宅

昭和記念公園こもれびの里・旧石井家住宅

東京都立川市、国営昭和記念公園にある昭和30年代の武蔵野の農村風景を再現した「こもれびの里」に移築された農家が、旧石井家住宅。江戸時代中期(18世紀後半)、多摩郡和泉村(幕末まで旗本松下領/現・狛江市)建てられた和泉村名主の屋敷(主屋)、そ

昭和記念公園・盆栽苑

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!