光と風と波の塔

光と風と波の塔

東京都新島村、新島の黒根海岸・三郎浜、新島港(新島港船客待合所)近くに建つのが光と風と波の塔。間々下浦にある湯の浜露天風呂がギリシアの神殿風なのに対し、こちらは、ヨーロッパの城郭の遺跡のような雰囲気ですが、新島特産のコーガ石(抗火石)でできた展望塔。

新島港にあるコーガ石(抗火石)製の展望塔

光と風と波の塔

光と風と波の塔に階段で上ると、新島の沖に浮かぶ地内島、湯の浜露天温泉がパノラマのように展開します。
1階部分は屋内でバーベキューができる施設で、新島港船客待合所内の新島観光協会に申し込む仕組み。

光と風と​波の塔は、一見すると津波避難所のように見えますが、新島港(新島港船客待合所)の津波警報・大津波警報発令時の避難場所は、背後の大三王子神社(400段の苔むした石段が山上へと続いています/大三王子=新島開拓の神)が鎮座する大三山となっています。

光と風と波の塔
名称 光と風と波の塔/ひかりとかぜとなみのとう
所在地 東京都新島村
関連HP 新島観光協会公式ホームページ
電車・バスで 新島港からすぐ
問い合わせ 新島観光協会 TEL:04992-5-0001/FAX:04992-5-0946
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
新島港(新島港船客待合所)

新島港(新島港船客待合所)

東京都新島村、新島の西海岸にある新島の玄関口となる新島港(前浜・黒根港)にあるのが新島港船客待合所。東海汽船の「さるびあ丸」、ジェット船、下田港発の神新汽船「フェリーあぜりあ」も入港します。新島港船客待合所には、新島観光協会も入居し、島内パ

湯の浜露天風呂

湯の浜露天風呂

東京都新島村、新島西海岸の間々下浦にある、水着で入る天然温泉の露天風呂が湯の浜露天風呂。海岸沿いの岩場を利用した、パルテノン神殿風の建物が目につきますが、それも露天風呂。大小6つの湯船があり、24時間入浴無料。大海原を眺めながらの湯浴みは、

光と風と波の塔

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!