東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジ

東京港の入口、中央防波堤外側埋立地(海の森公園)と若洲地区(若洲海浜公園)を結ぶ海上橋が東京ゲートブリッジ。東京港のクルーズ船も通る東京港第三航路(東京東航路)を跨ぎ、平成24年2月12日に開通。東京港臨海道路の一部で、海上部分は1618mとレインボーブリッジ、横浜ベイブリッジの倍もある海上橋となっています。

船を眼下に、頭上には飛行機が!

東京ゲートブリッジ

東京港第三航路(東京東航路)は、大型船舶が航行するため、桁下の高さ54.6m(航路幅310m)を確保。
さらに東京国際空港(羽田空港)が近くにあるため、航空法により橋の高さに制限(98.1m以下)を受けています。
そのためにレインボーブリッジ、横浜ベイブリッジのような吊橋ではなく、トラス橋となっています(トラス桁の最大高さは87.8m)。
主径間長440mで、大阪市の港大橋に次いで、日本第2位のトラス橋となっています。
橋の完成で城南島(大田区)と若洲(江東区)を結ぶ全長8km(東京港臨海道路)の新たなルートが生まれています。

トラス桁と箱桁が剛結された初の構造(トラス・ボックス複合構造)で、コンテナターミナルにあり、キリンの愛称で親しまれるガントリークレーンをイメージしてデザインされています。
シルエットが向かい合う恐竜のようであることから別名「恐竜橋」という愛称も。
使用した鋼材の重量は合計3万6000tで、東京スカイツリーに使用した鋼材の重量に匹敵。

実は港内・都心側には歩道も設置

夜間景観照明は照明デザイナーの石井幹子が担当。
太陽光発電システムを導入し(消費電力の4割を太陽光発電でまかなっています)、橋側面に886基連続設置したLED照明でライトアップされています。
しかも1月の設定色が白銀色、5月の青葉色、8月は空色、11月は紅葉色など、月ごとに異なる色でライトアップされています。
さらに、ピンクリボン月間の始まる10月1日はピンクなど、イベントに応じて特別ライトアップも実施。

意外に知られていませんが片側(東京港内・都心側)に歩道も用意され、東京港の海上ウォーキングが楽しめます。
歩道は、風が強い場合もありますが、都心はもちろん、富士山まで眺望。
歩道の入口は、江東区立若洲公園キャンプ場南側のエレベーター施設「若洲昇降タワー」(若洲側昇降施設)にあります(ドライブの場合は江東区立若洲公園駐車場を利用)。
中央防波堤側へは、降りることはできないので、往復するかたち(通行無料)。
毎月の第3火曜・12月の第1火曜(祝日の場合はその翌日)は、施設の清掃と点検を行なうため、歩道部は閉鎖されるのでご注意を。

名称 東京ゲートブリッジ/とうきょうげーとぶりっじ Tokyo Gate Bridge
所在地 東京都江東区中央防波堤〜若洲3丁目
関連HP 東京都港湾局公式ホームページ
電車・バスで JR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線新木場駅から都バス若洲キャンプ場前行きで終点下車、徒歩3分
ドライブで 首都高速湾岸線新木場ICから約4km
問い合わせ 東京港管理事務所港湾道路管理課調整担当 TEL:03-5463-0223
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
若洲昇降タワー・東京ゲートブリッジ歩道

若洲昇降タワー・東京ゲートブリッジ歩道

東京湾の入口、東京港臨海道路の中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ海上橋が東京ゲートブリッジ。その都心側(東京港内側)のは歩道が付けられ、若洲海浜公園側の若洲海浜公園キャンプ場南側にある若洲昇降タワー(若洲側昇降施設)を使って橋上に上がり

東京ゲートブリッジ

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!