東京駅新幹線記念碑

東京駅新幹線記念碑

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅の18番・19番ホームの南端に立つのが、東京駅新幹線記念碑(鉄道建設記念碑)。昭和48年に東海道新幹線の建設に尽力した「新幹線の父」・第4代国鉄総裁の十河信二(そごうしんじ)のレリーフを埋め込んだ記念碑です。

東海道新幹線建設に尽力した十河信二の記念碑

十河信二
レリーフに「似とらん」と語った十河信二

青函連絡船・洞爺丸事故(昭和29年)、宇高連絡船・紫雲丸事故(昭和30年)と連続した鉄道連絡船の沈没事故を受け、3代目総裁・長崎惣之助が引責辞任したことで、71歳という高齢ながら説得を受けて昭和30年に国鉄総裁を引き受けた十河信二。

就任後には、国鉄の電化、さらにはオンライン乗車券発売システム「マルス」の導入などの近代化を進め、長年の赤字を脱却して黒字決算に変え、「夢の超特急」とも呼ばれた東海道新幹線の実現に傾倒します。
計画段階では「無用の長物」とする反対論も多く、建設予算の増大化に批判も集まり、建設予算超過の責任を背負う形で開通前年の昭和38年5月19日に国鉄総裁を辞任。
昭和39年10月1日、東京駅で行なわれた新幹線出発式には、呼ばれることもありませんでした。

18番・19番ホーム先端の東京駅新幹線記念碑には、「一花開天下春」(いっかひらいててんかはるなり)の文字が刻まれていますが、これは十河信二の座右の銘で、長い苦労に耐え精進した先に一輪の花が開き、天下に春の訪れを感じる」という意で、南宋・虚堂智愚(きどうちぐ)禅師の語録『虚堂録』にある言葉です。

この記念碑を立てた時の国鉄総裁は、新幹線計画には消極的で、十河信二総裁と反りが合わず昭和37年に国鉄を退任した磯崎叡(いそざきさとし/第6代国鉄総裁、生産性向上運動で労組と対立し、激しい労働運動が発生)。
レリーフ建設の許可を得ようとしますが、十河信二は会うことを拒絶し、ようやく会見が実現した際にも「くだらん。オレの顔にハトが糞をかけるだけだ」と乗り気ではなかったのだとか。
しかも除幕式には磯崎総裁も十河元総裁も欠席という事態に。
レリーフに関しては、十河信二は「似とらん」と不満だったと伝えられています。

そんな磯崎叡ですが、総裁引退後には「四面楚歌のなかで最先端の技術を投入して、鉄道の将来に新生面を切り開いた十河総裁の卓見は、真に敬服に値するものだ。経営の責任者にとって、長期的展望と経営哲学にもとづいた的確な判断や勇気がいかに大切であるかを、これほど鮮やかに世に示した例はきわめてまれなことではないだろうか」と語っています。

新幹線中央乗換口には、東海道新幹線開業3周年で立てられた別の「新幹線記念碑」があり、「東海道新幹線 この鉄道は日本国民の叡智と努力によって完成された」と記されています。

東京駅新幹線記念碑
名称 東京駅新幹線記念碑/とうきょうえきしんかんせんきねんひ
所在地 東京都千代田区丸の内1丁目
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京駅・京葉線ホーム

東京駅・京葉線ホーム

東京駅八重洲南口から京葉線連絡通路で地下4階に降りると京葉線ホームがあります。鍛冶橋通りの地下に位置し、鍛冶橋通りには京葉線の改札口に通じる細い階段もあります。成田新幹線に予定されていたホームが転用されたから、東京駅のはずれにあります。海抜

東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅1番線ホームの線路脇に置かれているのが、東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。中央本線は東京駅が起点のため、1番線(中央線快

東京駅0キロポスト(京浜東北線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(京浜東北線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅3番線ホームの線路脇に置かれているのが、東京駅0キロポスト(京浜東北線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。3番線ホームに置かれているポストは、東北本線

東京駅0キロポスト(山手線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(山手線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅4番線と5番線の線路の間に置かれているのが、東京駅0キロポスト(山手線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。4番線・5番線線路の間に置かれているポストは

東京駅0キロポスト(上野東京ライン0キロポスト)

東京駅0キロポスト(上野東京ライン0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅6番線と7番線の線路の間に置かれているのが、東京駅0キロポスト(上野東京ライン0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。6番線と7番線線路の間に置かれている

東京駅・原首相遭難現場

東京駅・原首相遭難現場

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅丸の内南口、券売機前の床面に埋め込まれた円の内部に6角形という形をしたい印が、原首相遭難現場。平民宰相といわれた原敬(はらたかし)首相は、大正10年11月4日19:20、東京駅で刺客により心臓を刺されて死亡

東京駅0キロポスト(東海道新幹線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(東海道新幹線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅の16・17番線ホーム、18・19番線ホームの2ヶ所に置かれているのが、東京駅0キロポスト(東海道新幹線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのことです。東海道

東京駅・装飾付き架線柱

東京駅・装飾付き架線柱

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅5番線(山手線渋谷・品川方面)・6番線(京浜東北線蒲田・関内方面)ホームに保存されるのが、装飾付き架線柱(鋳鉄柱)。大正3年12月20日の東京駅開業時の第二乗降場(第2ホーム)時代のレトロな柱で、東京駅の最

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅丸の内駅舎内(丸の内北口ドーム)にある東日本鉄道文化財団運営の美術館が、東京ステーションギャラリー。大正3年、辰野金吾の設計で創業した東京駅創建時の躯体レンガをそのまま壁面に活かした展示室で、様々な企画展が

銀の鈴

東京駅・銀の鈴

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅地下1階、八重洲地下中央口改札を入った広場が、銀の鈴広場(グランスタ東京銀の鈴エリア)で、そこに置かれたモニュメントが銀の鈴。丸の内側とを結ぶ中央地下通路にあるので、待ち合わせスポットにもなっています。4代

東京駅新幹線記念碑

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!