千尋岩(ハートロック)

千尋岩(ハートロック)

東京都小笠原村、父島の南岸の断崖にある赤いハート型の巨岩が千尋岩(ハートロック)。海上や南島東岸から眺めるとハート型ですが、円縁湾(まるべりわん)に臨む200mほど切り立った海食崖にあるので、迫力も満点。入林許可を受けたガイド同伴であれば森のなかを歩いて到達し、岩の上に立つこともできます。

陸上から岩の上に到達するにはガイド同行が必要

千尋岩(ハートロック)
南島東岸から眺めたハート岩(正面は南崎、ジニービーチ)

千尋岩(ハートロック)のある場所は、森林生態系保護地域(保存地区)のため、陸上からのアプローチは、入林許可を受けたガイドの同行が必要。
ガイド同伴の千尋岩(ハートロック)ツアーは、北袋沢(小港園地)コースが一般的。
ルートの大部分は戦時中の軍道ですが、衝立山にフィックスされたロープを頼りに歩くような場所もあるので、トレッキング的(軽登山的)な装備、経験は必要です。
小港園地(ジョンビーチの入口です)を起点に、片道2時間30分ほど歩いて到達します(小笠原の固有種や戦跡を見ながらのトレッキング)。

父島の海底火山活動が終息した後、隆起し、父島海底火山の高所部分の大半が浸食によって失われました。
父島南西部の南崎・千尋岩から南島一帯は古い火山体の裾野にあたる部分で、陸化して浸食を受ける際、父島は南の熱帯に位置したため、地表はラテライトという赤色風化土壌で覆われたのです。

つまり、熱帯雨林では、岩石が風化すると酸化鉄を含んだラテライト(laterite)と呼ばれる赤っぽい土(赤色風化土壌)となります。
鉄やアルミニウムで構成される赤色の土壌で、紅土とも呼ばれています。
この赤土が雨で流され、巨大な岩を赤く染めたというのが赤いハートロックの成因です。

千尋岩(ハートロック)
千尋岩の岩の上に広がるこの赤土がラテライト
千尋岩(ハートロック)
名称 千尋岩(ハートロック)/ちひろいわ・せんじんいわ(はーとろっく)
所在地 東京都小笠原村父島
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ジョンビーチ

ジョンビーチ

東京都小笠原村、小笠原諸島・父島の南西部にある素敵なビーチがジョンビーチ。ジョンビーチのある南崎周辺は石灰岩地帯なので、目にまぶしいほどの白砂のビーチが広がっています。プライベートビーチ気分で泳ぐことができますが、施設は何もないので、日除け

南島

南島

東京都小笠原村、小笠原諸島・父島の南西に浮かぶ、南北1.5km、東西400mの無人島が南島。世界でも珍しい、沈水カルスト地形の島。島内には海水の入江となったドリーネ(窪地)の扇池があり、海水浴やスノーケリングも可能です。世界自然遺産の小笠原

千尋岩(ハートロック)

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!