調布飛行場

調布飛行場

東京都調布市にある東京都営の空港が、調布飛行場(ちょうふひこうじょう)。調布空港とも呼ばれ、新中央航空の伊豆諸島(大島、新島、神津島、三宅島)へのドルニエ228が発着しています。離島港湾部調布飛行場管理事務所も置かれています。滑走路を眺める「プロペラカフェ」も営業。

大島、新島、神津島、三宅島へ新中央航空でフライト!

調布飛行場

調布飛行場の滑走路は、全長800m、幅30mで小型プロペラ機専用の都営コミューター空港。
平成25年4月2日、新ターミナルビルとなり、平成25年6月18日から、新中央航空(島嶼部定期便)に限り計器飛行方式(IFR=Instrument Flight Rules)で運用されています。

新中央航空のドルニエ228(Dornier Do 228/最高速度434km/h)で、調布〜大島は25分、三宅島まででも50分のフライトです。
ダイナミックな地形の神津島への着陸はちょっぴりスリリングな感じで、東京都内でありながら、離島航路独特のローカルな雰囲気を味わうことができます。

ドルニエ228は、双発のプロペラ機で、乗客定員は19名。
平成23年3月まで使用されていたブリテン・ノーマン アイランダーが、乗員を含め10名定員で、副操縦席まで登場できたのに比べれば、かなりの「大型化」ということに。
それでも搭乗は、ボーディングブリッジではなく、ターミナルから歩いてで、これが旅する気分を盛り上げてくれます。

調布飛行場のターミナルは2階建てで、1階がチェックインカウンターと搭乗待合室、隣接して「プロペラカフェ」、2階が展望デッキ(窓越しに飛行場を眺望)、椅子の配されたユーティリティスペースです。

飛行場の周囲には都立武蔵野の森公園があり、戦時中の軍用飛行場時代に、首都防衛の戦闘機を格納したコンクリート製の格納庫、掩体壕(えんたいごう)が残されています。
また空港ターミナル近くの「調布飛行場遊具ひろば」は、飛行機に似た遊具が置かれ、子供たちに人気です。

調布飛行場へのアクセスは、調布駅北口から小田急バスで15分、または、中央本線武蔵境駅、調布駅北口からタクシーを利用。

調布飛行場
名称 調布飛行場/ちょうふひこうじょう
所在地 東京都調布市西町290-3
関連HP 東京都港湾局公式ホームページ
電車・バスで 京王線調布駅から小田急バス調布飛行場行きで終点下車
ドライブで 中央自動車道調布ICから約2km
駐車場 第1駐車場(25台/有料)、第2駐車場(150台/有料)
問い合わせ 調布飛行場管理事務所 TEL:0422-34-4840
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
武蔵野の森公園

武蔵野の森公園

平成12年4月1日に開園した三鷹市、府中市と調布市にまたがる38.5haという広大な都立公園が、武蔵野の森公園。調布飛行場(都営の空港)を取り囲むように広がるのは、戦前は陸軍の、戦後は米軍の飛行場と基地だったから。米軍からの返還を受け、公園

神津島空港

神津島空港

東京都神津島村、神津島南端部の台地の上に滑走路が伸びるのが、神津島の空の玄関口、神津島空港。東京の調布飛行場からの新中央航空の双発ターボプロップ旅客機(旅客定員19名)が発着しています。天上山を眺めながら、航空母艦にふわりと着陸する感じで、

大島空港

大島空港

東京都大島町、伊豆大島にある空の玄関口が大島空港。昭和27年に村営の大島飛行場として開場し、昭和35年から東京〜大島の定期便が運航。現在は調布飛行場からの新中央航空と、東邦航空の東京愛らんどシャトル(ヘリコミューター路線)の三宅島、利島便が

新島空港

新島空港

東京都新島村にある東京都営空港が、新島空港。調布飛行場からの新中央航空の定期便が就航。新島本村の東、羽伏浦近くに位置し、西風の日なら羽伏浦上空からの着陸、東風なら羽伏浦に向かっての離陸となり、離着陸時に新島の空中遊覧ができます。調布飛行場か

三宅島空港

三宅島空港

東京都三宅村坪田、三宅島の東岸、三池港近くにある東京都港湾局が運営する地方管理空港が、三宅島空港。三宅島の空の玄関口で、調布飛行場からの新中央航空・ドルニエ228(双発プロペラ機)で、50分のフライトです。新中央航空と東京愛らんどシャトル(

新中央航空(調布カウンター)

新中央航空(調布カウンター)

東京都調布市にある調布飛行場。伊豆諸島の大島、新島、神津島、三宅島を結ぶ路線を運航するのが、新中央航空。ドルニエ228(乗客定員19名)が就航し、もっとも遠い三宅島でも50分のフライトで結んでいます。チェックインは調布飛行場の調布カウンター

調布飛行場

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!