亀甲山古墳

亀甲山古墳

東京都大田区田園調布の多摩川台公園内にある前方後円墳が亀甲山古墳(かめのこやまこふん・きっこうやまこふん)。墳長107.25m、多摩川流域では最大の古墳で、国の史跡になっています。立川市から続く延長約30kmの国分寺崖線(こくぶんじがいせん)の台地を生かした荏原台古墳群50基のなかでも最大の古墳です。

東京都内でも最大の古墳

多摩川流域の古墳では、初期の4世紀後半の築造と推測されています。
小さな谷を隔てて向き合う宝莱山古墳(ほうらいさんこふん)は、4世紀前半で、一帯では最古の古墳になっています。
亀甲山古墳の周囲には柵が巡らされ、保存が図られています。
発掘調査が行なわれていないため、出土品はありません。
同じ荏原台古墳群では、野毛大塚古墳(5世紀に築造の帆立貝形古墳/玉川野毛町公園)の出土品(東京国立博物館収蔵)が国の重要文化財に指定されています。

多摩川流域には弥生時代に米作が行なわれ、ヤマト王権との交流から新しい文化や技術を導入(ヤマト王権に従属を誓い、首長であることの承認を受け、技術を導入)。
その首長墓が、宝莱山古墳(四獣鏡が出土)、亀甲山古墳だと推測できます。

多摩川台公園の管理事務所には「古墳展示室」が併設されているのであわせて見学を。

名称 亀甲山古墳/かめのこやまこふん・きっこうやまこふん
所在地 東京都大田区田園調布1丁目
関連HP 大田区公式ホームページ
電車・バスで 東急多摩川駅から徒歩5分
問い合わせ 多摩川台公園管理事務所 TEL:03-3721-1951
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
多摩川台古墳群

多摩川台古墳群

東京都大田区田園調布の多摩川沿いの台地、立川市から続く延長約30kmの国分寺崖線(こくぶんじがいせん)の南端部分に築かれた8基からなる古墳群が多摩川台古墳群。一帯は多摩川台公園として整備され、古墳群の北に宝莱山古墳(都の史跡)、南に亀甲山古

野毛大塚古墳

野毛大塚古墳

東京都世田谷区野毛1丁目、玉川野毛町公園内ににあるのが野毛大塚古墳。上野毛から尾山台にかけて広がる野毛古墳群(荏原台古墳群)を代表する古墳で、円丘に小さな方形の張り出しをつけた帆立貝を思わせるかたちの帆立貝形古墳です。墳長82mで、直径66

亀甲山古墳

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!