宝萊山古墳

宝萊山古墳

東京都大田区田園調布にある多摩川流域最古の前方後円墳が宝萊山古墳(ほうらいさんこふん)。最近の発掘調査から墳丘長97.5mで4世紀前半頃の築造と判明し、芝丸山古墳(墳丘長112m)同じ田園調布にある亀甲山古墳(107m)とともにいわば「東京三大古墳」にも数えられる古墳です。

古墳時代前期築造、関東地方でも最古級の古墳

宝萊山古墳

多摩川下流域左岸、武蔵野台地上、標高37.5mの場所に築かれた前方後円墳。
昭和9年に後円部の3分の2が宅地造成工事で削平されましたが、前方部を含めた残存部は今も良好な形状を保っています。

昭和9年の宅地造成工事で、宝萊山古墳の墳頂下3mから被葬者を納めた木棺を覆っていた粘土槨(かく)が発見され、倣製四獣鏡(ぼうせいしじゅうきょう=中国製の獣帯鏡を模倣した日本製の鏡)、勾玉(まがたま)、碧玉(へきぎょく)、製紡錘車(ぼうすいしゃ)形石製品、管玉、直刀(ちょくとう)などが出土しています。
剣、玉、鏡はヤマト王権の「三種の神器」のような存在で、ヤマト王権との関係性がよくわかります。

小さな谷を隔てて向き合う亀甲山古墳は4世紀後半の築造と推測され、宝萊山古墳に続く古墳です。

多摩川流域には弥生時代に米作が行なわれ、ヤマト王権との交流から新しい文化や技術を導入(ヤマト王権に従属を誓い、首長であることの承認を受け、技術を導入)。
その首長墓が、宝萊山古墳(四獣鏡が出土)、亀甲山古墳だと推測できます(多摩川台古墳群内にあって、最初に出現した多摩川下流域の首長墓)。

現在の一帯は多摩川台公園として史跡整備され、出土品のレプリカが大田区立多摩川台公園古墳展示室で展示されています。

宝萊山古墳
名称 宝萊山古墳/ほうらいさんこふん
所在地 東京都大田区田園調布4-4-1
関連HP 大田区公式ホームページ
電車・バスで 東急多摩川線多摩川駅から徒歩15分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 大田区郷土博物館 TEL:03-3777-1070
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
亀甲山古墳

亀甲山古墳

東京都大田区田園調布の多摩川台公園内にある前方後円墳が亀甲山古墳(かめのこやまこふん・きっこうやまこふん)。墳長107.25m、多摩川流域では最大の古墳で、国の史跡になっています。立川市から続く延長約30kmの国分寺崖線(こくぶんじがいせん

芝丸山古墳

芝丸山古墳

東京都港区芝公園にある前方後円墳で、墳丘長112mという東京都内で最大の古墳が芝丸山古墳(丸山古墳第1号墳)。芝公園の南端の台地先端部に位置し、木々が茂っているため古墳のイメージが湧きませんが、5世紀中頃の前方後円墳です。芝丸山古墳の東南斜

多摩川台公園

多摩川台公園

東京都大田区田園調布、東急多摩川線多摩川駅の西、多摩川に沿って続く丘陵地の上に750mにわたって続く公園が多摩川台公園。自然林のなかに散策路が配され、展望広場、水生植物園(調布浄水場沈殿池跡)、四季の野草園(調布浄水場ろ過池跡)、あじさい園

多摩川台古墳群

多摩川台古墳群

東京都大田区田園調布の多摩川沿いの台地、立川市から続く延長約30kmの国分寺崖線(こくぶんじがいせん)の南端部分に築かれた8基からなる古墳群が多摩川台古墳群。一帯は多摩川台公園として整備され、古墳群の北に宝莱山古墳(都の史跡)、南に亀甲山古

東京三大古墳

東京三大古墳とは!?

東京都内にある巨大古墳のTOP3、いわゆる東京三大古墳は、港区芝公園の芝丸山古墳、大田区田園調布の亀甲山古墳(かめのこやまこふん)、そして宝萊山古墳(ほうらいさんこふん)と、23区の一等地に。いずれもヤマト王権と密接な繋がりが類推できる前方

宝萊山古墳

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!