御成門

御成門

東京都港区芝公園3丁目、東京プリンスホテルの駐車場北側にあるのが御成門(おなりもん)。都営三田線の駅名にもなっている門ですが、その場所を知っている人は少ない、まさに知る人ぞ知る門。江戸時代に、将軍が増上寺に参詣する際にこの門を使ったのが名の由来です。

江戸時代、将軍はこの門をくぐって増上寺を参詣

御成門

江戸時代、増上寺の北側、現在の東京プリンスホテルの敷地には満6歳で夭逝した7代将軍・徳川家継(とくがわいえつぐ)の有章院霊廟(ゆうしょういんれいびょう)、2代将軍・徳川秀忠の台徳院霊廟(たいとくいんれいびょう)が広がっていました(旧台徳院霊廟惣門、有章院霊廟二天門のみ現存)。
さらにその北、現在、港区立みなと図書館の建つ芝公園4号地には、増上寺方丈があり、徳川将軍などが参詣する場合にも、この方丈で召し換えや謁見を行なっていました。

将軍はまず、方丈に出向き、それから御成門をくぐって台徳院霊廟、有章院霊廟を経て、増上寺の黒本尊に参詣したのです。

江戸時代、御成門は現在の御成門交差点にありましたが、明治25年の東京市区改正計画で、内幸町増上寺三門を経て芝公園に至る道路が新設された際に、現在の位置に移築されています。

明治維新の上知令(あげちれい=土地没収命令)で増上寺は多くの土地や塔頭を失い、さらに東京大空襲で霊廟を焼失し、かつての境内の多くの部分が芝公園、東京プリンスホテル、オフィスなどになっているので、御成門も駐車場横にひっそりと残されているのです。

都営三田線の御成門駅は、昭和48年11月27日開業。
昭和44年には港区立御成門中学校も開校しているので、御成門という地名はなくとも(明治維新で幕府・将軍を意味する「御」の付く地名、町名は敬遠されるように)、将軍参詣の門は駅名と学校名として残されています。

ちなみに増上寺関係で、東京大空襲から焼け残った建築物には、御成門のほか、三解脱門(さんげだつもん)、旧方丈門(黒門)、旧台徳院霊廟惣門、有章院霊廟二天門、徳川将軍家墓所鋳抜門(徳川家宣の霊廟・文昭院霊廟の中門を移築)、経蔵があります。

御成門
名称 御成門/おなりもん
所在地 東京都港区芝公園3-2-25
関連HP 港区観光協会公式ホームページ
電車・バスで 都営地下鉄御成門駅から徒歩3分
ドライブで 首都高速芝公園ランプから約500m
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
増上寺・三解脱門

増上寺・三解脱門

東京都港区芝公園4丁目、日比谷通りに面した増上寺の正門が、三解脱門(さんげだつもん)。江戸時代初期の元和8年(1622年)に建立された門が、震災や空襲での倒壊・焼失を免れて現存、国の重要文化財に指定されています。あまり知られていませんが、東

増上寺・旧方丈門(黒門)

増上寺・旧方丈門(黒門)

東京都港区芝公園4丁目、日比谷通りに面する三解脱門(さんげだつもん/国の重要文化財)の南側に建つのが、旧方丈門(黒門)。増上寺方丈の表門(庫裡門)でしたが、明治維新後に鐘楼堂脇に移築され、昭和55年の善導大師1300年遠忌を期に三解脱門の横

旧台徳院霊廟惣門

旧台徳院霊廟惣門

東京都港区芝公園4丁目、芝公園の一画に現存するのが、旧台徳院霊廟惣門(きゅうたいとくいんれいびょうそうもん)。台徳院とは2代将軍・徳川秀忠のこと。没後の寛永9年(1632年)にその御霊屋(おたまや)として建築された霊廟ですが、惣門のみが現存

有章院霊廟二天門

有章院霊廟二天門

東京都港区芝公園3丁目、東京プリンスホテルの駐車場の東、日比谷通りに面して建っているのが、有章院霊廟二天門(ゆうしょういんれいびょうにてんもん)。7代将軍・徳川家継の霊廟の門で、江戸時代には現在の東京プリンスホテルの敷地一帯には徳川家継の霊

増上寺・徳川将軍家墓所鋳抜門

増上寺・徳川将軍家墓所鋳抜門

東京都港区芝公園4丁目、増上寺安国殿背後にある徳川将軍家墓所の門が、鋳抜門(いぬきもん)。実は増上寺・徳川将軍家墓所鋳抜門は、かつては6代将軍・徳川家宣の霊廟(文昭院霊廟)の中門だったものを移築。霊屋・宝塔前に置かれた鋳抜門は、まさに徳川将

御成門

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!