野伏港ふ頭灯台

野伏港ふ頭灯台

東京都新島村式根島、式根島の玄関港、野伏港にあるデザイン灯台が、野伏港ふ頭灯台。東京・竹芝桟橋からの「さるびあ丸」、下田港からの「フェリーあぜりあ」、新島とを結ぶ連絡船「にしき」を利用し、野伏港入港時に目にする灯台で、旧高森灯台をイメージした形状の赤い灯台です。

昭和5年に宮川タンが築いた高森灯台を模したデザイン灯台

高森灯台は、昭和5年、75歳になる宮川タンが築いた石油ランプ式の石造灯台で(赤くはありません)、水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選定。

野伏港ふ頭灯台は、平成5年2月26日に初点灯の鉄製灯台。
塔高10.7m、光達距離は12.0海里(22.2km)、新島と式根島の距離はわずか8kmなので、隣の新島にも十分届く光ということに。

伊豆諸島では、アンコ椿をイメージした岡田港防波堤灯台と、式根島の野伏港ふ頭灯台の2ヶ所がデザイン灯台で、東京都下では2ヶ所のみとなっています(関東地方では神奈川県に5基、千葉県にはありません)。

野伏港ふ頭灯台
名称 野伏港ふ頭灯台/のぶしこうふとうとうだい
所在地 東京都新島村式根島
電車・バスで 新島港から新島村営船で15分
問い合わせ 式根島観光協会 TEL:04992-7-0170/FAX:04992-7-0448
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高森灯台

高森灯台

東京都新島村(にいじまむら)、式根島の玄関口、野伏港の東、小浜港の中間にあるのが高森灯台。昭和5年、75歳になる宮川タンが築いた石油ランプ式の灯台で、灯台に至る200段もの石段も自力で築いています。さらに完成後には、杖を手に石油を担ぎ上げた

連絡船にしき

連絡船にしき

東京都新島村、新島と式根島を結ぶ新島村営の高速船が連絡船にしき。新島の新島港(黒根港)と式根島・野伏港を20分で結んでいます。新島側は、B堤漁協前の連絡船にしき待合所で、式根島では野伏港奥に建つ式根島観光協会で乗船券を発売しています(出航時

野伏港(野伏港船客待合所)

野伏港(野伏港船客待合所)

東京都新島村、式根島の玄関港となるのが、式根島の北東に位置する野伏港(のぶしこう)。東京都が管理する港で、野伏港船客待合所が整備されています。東海汽船の「さるびあ丸」、ジェット船、下田港発の神新汽船「フェリーあぜりあ」のほか、新島とを結ぶ村

野伏港ふ頭灯台

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!