小石川善光寺

小石川善光寺

東京都文京区小石川3丁目にある浄土宗の寺が、小石川善光寺(正式名は月参堂縁受院善光寺)。伝通院の塔頭(たっちゅう・子院)、縁受院が前身で、慶長7年(1602年)、徳川家康の生母・於大の方(おだいのかた)の念持仏を安置して創建。明治17年、善光寺と改称し、信州の善光寺の分院となりました。

於大の方の念持仏を安置する善光寺の分院

於大の方の念持仏は、阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩(せいしぼさつ=知恵の光で生あるものすべてを救済するという菩薩)の三尊で、肌身離さず拝んでいたもので、息子の家康の出世、家康と自身の現世・後世安楽などを祈願していました。
この念持仏が、信州・善光寺の本尊と同様、舟形光背の弥陀三尊像だったことから、月参堂縁受院善光寺と改称しています。
月に一度の寺参りを勧めることなどから、月参堂と呼ばれてきました。

門などの堂宇は、奇跡的に空襲を免れ、往時の建物が現存。
本堂は明治15年築(明治38年に大改修)で、信州の善光寺同様に、本尊を安置した須弥壇(しゅみだん)下に全長26mの戒壇巡り(かいだんめぐり)が配され、10月の『十夜会』では暗がりを進み御本尊と縁を結ぶことができます。


寺前の道は善光寺坂とよばれていますが、明治以降の命名ということに。
一帯には戦前、幸田露伴(こうだろはん/大正3年、向島の蝸牛庵から小石川の伝通院近くに転居)、徳田秋声(とくだしゅうせい/明治38年から没するまで本郷で生活)、島木赤彦(しまぎあかひこ/大正時代に小石川上富坂町の「いろは館」に下宿)ら多くの文人が暮らしています。

小石川善光寺
名称 小石川善光寺/こいしかわぜんこうじ
所在地 東京都文京区小石川3-17-8
関連HP 文京区公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ後楽園駅、都営地下鉄春日駅から徒歩8分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 善光寺 TEL:03-3811-4858
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伝通院

伝通院

東京都文京区小石川の高台にある寺で、正式名は無量山傳通院寿経寺(むりょうざんでんづういんじゅきょうじ)ですが、一般に小石川の伝通院(でんづういん)と呼ばれています。伝通院という寺の院号は、徳川家康の生母・於大の方の法名「伝通院殿」にちなんだ

伝通院・於大の方の墓

伝通院・於大の方の墓

東京都文京区小石川3丁目、伝通院(傳通院)の墓地にあるのが、於大の方の墓(おだいのかたのはか)。於大の方は、慶長7年8月28日(1602年10月13日)、家康の滞在する伏見城(現・京都市伏見区)で没。墓所が伝通院ですが、寺名も於大の方の院号

善光寺坂のムクノキ

善光寺坂のムクノキ

東京都文京区小石川3丁目、慈眼院・沢蔵司稲荷から小石川善光寺へと下る坂道にあるムクの巨木が、善光寺坂のムクノキ。区道817号のポケットパークとし保存される古木で、伝通院中興第一世の廓山(かくざん、後に増上寺13世)が植えたと伝えられています

慈眼院・沢蔵司稲荷

慈眼院・沢蔵司稲荷

東京都文京区小石川3丁目にある浄土宗の寺が慈眼院(じげんいん)。元和6年(1620年)に、伝通院塔頭(たっちゅう・子院)、そして沢蔵司稲荷(たくぞうすいなり)の別当(神社を管理する寺)として創建。その西側には幸田露伴、幸田文が暮らしていたこ

小石川善光寺

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!