芥川龍之介旧居跡

芥川龍之介旧居跡

東京都北区田端1丁目、JR田端駅近くの高台の一画にあるのが、芥川龍之介旧居跡。建物は現存していませんが、芥川龍之介は大正3年〜昭和2年の間、13年間にわたって田端に暮らし、『羅生門』、『鼻』、『河童』、『歯車』などを世に出しています。

旧居跡には記念館の設立予定も

芥川龍之介

明治時代の末から昭和初期にかけて、田端の高台には芸術家や文士たちが集まり、田端文士村を形成していました。
大正3年に田端に居を移した芥川龍之介と大正6年に田端で詩誌『感情』を創刊した室生犀星が、文士村の中心人物。

芥川龍之介は、大正2年、東京帝国大学文科大学英文学科へ進学しているので、まだ帝大の学生。
大正3年2月、一高同期の菊池寛、久米正雄らとともに同人誌『新思潮』(第3次)を刊行。
大正4年10月、代表作のひとつである『羅生門』を、芥川龍之介の名で『帝国文学』に発表しています。
大正5年、『新思潮』(第4次)を出版し、その創刊号の『鼻』が夏目漱石に絶賛されています(この年、帝大を卒業)。

大正9年3月30日、長男・芥川比呂志の誕生や、大正12年9月1日の関東大震災もこの田端でのこと。
多感な学生時代から、昭和2年7月24日に服毒自殺で没するまで、当時の田端435番地で暮らしていたのです。

北区は平成30年に芥川龍之介旧居跡の約半分の土地を購入し、書斎を忠実に再現した記念館をオープンする予定。

芥川龍之介旧居跡
名称 芥川龍之介旧居跡/あくたがわりゅうのすけきゅうきょあと
所在地 東京都北区田端1-19-18
電車・バスで JR田端駅から徒歩5分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
芥川龍之介旧居跡

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!