石白川海水浴場

石白川海水浴場

東京都新島村、式根島の南岸にあるビーチが石白川海水浴場(いしじろがわかいすいよくじょう)。江戸時代は無人島だった式根島は、明治になって島に入植する際、最初に築かれたまいまいず井戸を中心に集落が発展しました。そのまいまいず井戸近くにある海岸で、夏に海水浴場となるのが石白川海水浴場です。

集落近くにある便利な海水浴場

石白川海水浴場

海岸の近くに集落があるため、レストランや商店も徒歩圏内という便利なビーチ。
式根松島と呼ばれるような風光明媚な環境で、かつあまり人出も多くなく、プライベートビーチ気分で泳げることが人気のポイントです。

ビーチの右手にあるのは、標高43mの出島で、沖のモオヤ岩や出島が防波堤に。

トイレ、シャワーがあるほか、夏期には売店が営業し、日中、ライフガードが常駐します。

砂浜が白いのは、海岸段丘に厚さ20mほどの火山灰層があるから。
火山灰が白色の流紋岩質であることから、美しい白いビーチが生み出されているのです。

水着着用で入浴する露天風呂の「松が下 雅湯」へは徒歩圏内なので、身体が冷えたら温泉に直行するという手もあります。

式根松島で行なわれた製塩事業とクロマツ

石白川海水浴場など、白砂青松といわれる式根松島ですが、松は江戸時代に植林されたものも多いのだとか。

一帯は、江戸時代初期に10根年間ほど製塩が行なわれた場所で、塩釜で海水を煮詰めるのに大量の燃料として松を消費するため、伐採しては植林するという森林再生事業が行なわれていました。
明治時代に島に人が住むようになった際、クロマツは防風林としての重要な役目もあったため、大切にされたのです。

石白川海水浴場の西隣、釜の下海岸の石白川海水浴場寄りには塩釜の跡(新島村の史跡に指定)があり(釜の下海岸の名は、塩釜に由来)、明治時代に建立された供養碑が立っています。
寛永19年(1642年)に始まった式根島の製塩は、天領で、流人の島でもあった新島に果たされた年貢で、新島から36人の釜衆が式根島に渡り、揚げ浜式の製塩を行なったのです。
伝説では、船頭・新八が年貢塩の不足に際し、身の潔白を証すため、煮えたぎる塩釜に身を投じたといい、当時の過酷な年貢、そして製塩事業を物語っています。
その事件があった後、承応元年(1652年)に式根島での製塩事業は中止になっています。

石白川海水浴場
名称 石白川海水浴場/いしじろがわかいすいよくじょう
所在地 東京都新島村式根島
関連HP 式根島観光協会公式ホームページ
電車・バスで 野伏港から徒歩25分(野伏港へは新島港から新島村営船で10分)
ドライブで 式根島港から約650m
問い合わせ 式根島観光協会 TEL:04992-7-0170/FAX:04992-7-0448
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
泊海水浴場

泊海水浴場

東京都新島村、式根島の北岸にある美しい入江を利用した海水浴場が泊海水浴場(とまりかいずいよくじょう)。泊海岸の名は、帆船の時代、入江を利用した風待ち湊だったから。島の玄関、野伏港から徒歩5分という便利な場所ながら、伊豆七島屈指のロケーション

中の浦海水浴場

中の浦海水浴場

東京都新島村、式根島西岸、リアス式海岸の美しい入江を利用したビーチが中の浦海水浴場。神引展望台下のカンビキ浦(神引湾)と北の大浦海水浴場に挟まれた、まさに中の浦で、入江の奥にもサンゴが生育し、透明度大の美しいビーチです。湾内にサンゴも生育す

まいまいず井戸

まいまいず井戸

東京都新島村、式根島にある、島の開島時に地面を掘り下げた凹地に井戸を掘り、水不足を改称したのがまいまいず井戸。武蔵野などに多いまいまいず井戸ですが、明治23年から3年の歳月を費やし、20人足らずの島民と、新島からの協力者の尽力で完成した井戸

松が下雅湯

松が下雅湯

東京都新島村、東京都道237号式根島循環線の南端、式根島港にある露天風呂が松が下雅湯(まつがしたみやびゆ)。「内科の湯」地鉈温泉の泉質を気軽に楽しめるようにとつくられた露天風呂で、鉄分を多く含んだ茶褐色の湯が特徴です。松を見上げ、式根松島と

大浦海水浴場

大浦海水浴場

東京都新島村、リアス式海岸の式根島西岸にあるビーチが大浦海水浴場。神引展望台下のカンビキ浦から北に、中の浦海水浴場、大浦海水浴場と3つ続く入江のうち、もっとも砂浜が大きいのが大浦海水浴場で、隣接して大浦キャンプ場があります。実は海底から温泉

石白川海水浴場

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!