原町の井戸

原町の井戸

東京都新島村、本村の前浜近くにある井戸が原町の井戸。正徳5年(1715年)に掘られたという歴史ある井戸で東京都の史跡。式根島や武蔵野にある「まいまいず井戸」(まいまいず=かたつむり)と同様に、地面をすり鉢状に深さ3.3m掘り下げ、地下水を汲み出すため垂直に掘削された井戸です。

都の史跡となった歴史ある「まいまいず井戸」

原町の井戸

地表面での井戸の直径は13mで、底面における直径は推定で5mという大きな井戸です。
井戸の周囲には石垣を積み、すり鉢状の土砂の崩壊を防止し、さらに井戸にも石枠が設けられています。
また、北東側から井戸へと降りる階段が築かれています。
残念ながら現在、井戸部分は埋まっていて、水は確認できません。

火山島である新島では河川、湧水が少ないため、生活用水には井戸水を頼る部分が大きく、伊豆諸島では、式根島の「まいまいず井戸」、八丈島の「八重根のメットウ井戸」が掘り下げ式(「まいまいず井戸」)として有名です。

原町の井戸
名称 原町の井戸/はらまちのいど
所在地 東京都新島村本村2-4-8
電車・バスで 新島港から徒歩25分
ドライブで 新島港から約1.8km
問い合わせ 新島観光協会 TEL:04992-5-0001/FAX:04992-5-0946
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
まいまいず井戸

まいまいず井戸

東京都新島村、式根島にある、島の開島時に地面を掘り下げた凹地に井戸を掘り、水不足を改称したのがまいまいず井戸。武蔵野などに多いまいまいず井戸ですが、明治23年から3年の歳月を費やし、20人足らずの島民と、新島からの協力者の尽力で完成した井戸

新島・流人墓地

新島・流人墓地

東京都新島村、日蓮宗の寺、長栄寺の北、新島共同墓地の一角、共同墓地よりも一段低くなった場所にあるのが流人墓地。寛文8年(1668年)〜明治4年の間、新島には1333名の流刑囚が流され、新島で655名が病没しています(赦免されたのは489名)

新島村博物館

新島村博物館

東京都新島村、新島の本村にある村営のミュージアムが新島村博物館。新島村と式根島の自然、歴史、文化を解説しています。常設展示は、新島・式根島の自然、新島・式根島の歴史、島の文化、島民の暮らしの4コーナーです。茅葺き古民家、コーガ石造りの石倉の

原町の井戸

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!