渡浮根展望台

渡浮根展望台

東京都新島村、新島の北部、若郷地区にあるは若郷漁港(渡浮根漁港)背後の高台にある展望地が渡浮根展望台。コーガ石でできたアーチが設けられ、眼下に若郷漁港(渡浮根漁港)を見渡し、その先におにぎり型の利島を見ることができます。

新島随一の良港は、マグマ水蒸気爆発の跡

渡浮根展望台
コーガ石でできたアーチ

東海汽船のジェット船(東京・竹芝桟橋〜大島〜利島〜新島〜式根島〜神津島)が新島港(黒根港)に接岸できない時には、渡浮根漁港に入港するため、東海汽船の渡浮根港旅客船ターミナルも設置されています。

展望台までは、若郷の集落から少々回り道が必要で、行き止まりにあるので注意が必要。

若郷漁港(渡浮根漁港)の西、数百m沖合いには若郷火山(3000年以前に噴火)の火口の中心があり、天然の良港となっている半円形の入江、若郷は、若郷火山の火山地形(玄武岩質マグマによるマグマ水蒸気爆発)で誕生したもの。

渡浮根展望台
名称 渡浮根展望台/とぶねてんぼうだい
所在地 東京都新島村若郷
関連HP 新島観光協会公式ホームページ
電車・バスで 新島港からタクシーで16分。新島空港からタクシーで15分
ドライブで 新島港から約9km
問い合わせ 新島観光協会 TEL:04992-5-0001/FAX:04992-5-0946
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大峰展望台

大峰展望台

東京都新島村、新島の南部、向山(むかいやま)の最高峰・大峯(300.8m)の中腹にあるのが大峰展望台。新島の展望台としては珍しく、島の東西の海、両方を眺めることができます。向山にある大峯、石山、丹後山などのピークは、仁和2年(886年)の火

富士見峠展望台

富士見峠展望台

東京都新島村本村、新島の本村から宮塚山(432m)の山上へと登る車道の途中、標高260m地点のヘアピンカーブ部分にあるのが富士見峠展望台。南に本村、前浜、向山、地内島(無人島)、式根島、神津島を眺める絶景スポットで、晴れていれば北北西に富士

羽伏浦展望台

羽伏浦展望台

東京都新島村(にいじまむら)、新島東岸、新島の中央部に南北6.5kmに渡って続く白砂のロングビーチが羽伏浦(羽伏浦海岸)。その美しい海岸線を北側から一望にするのが羽伏浦展望台。羽伏浦漁港に向う新島本道沿いに展望台、展望塔が設置されています。

石山展望台(向山展望台)

石山展望台(向山展望台)

東京都新島村、新島の本村の南側、向山(むかいやま/大峯、石山、丹後山などがあります)にある展望地が石山展望台(向山展望台)。新島は、海底火山の噴火によってできた火山島で、南部の向山は溶岩ドーム群で、展望台近くにはコーガ石(抗火石)の採掘場が

若郷前浜海岸

若郷前浜海岸

東京都新島村、新島の北部にある新島第二の集落、若郷地区の前浜が若郷前浜海岸で、夏期には海水浴場がオープンします。昭和29年11月1日に新島本村に編入されるまで、若郷村として独立していた若郷地区。若郷火山(玄武岩質マグマによるマグマ水蒸気爆発

淡井浦海岸

淡井浦海岸

東京都新島村、新島の北部、新島山(231m)と阿土山(202m)に挟まれた海岸が淡井浦海岸。最北の集落、若郷へと走る途中、渡浮根展望台の入口近くで、反対側の東に入ると淡井浦海岸。離岸流が激しく遊泳は禁止ですが、打ち寄せる波を見るだけなら人の

渡浮根展望台

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!