アメ横

アメ横

東京都台東区、上野駅と御徒町駅を結ぶ500mほどの狭い路地に、約400軒もの店が建ち並ぶアメ横(アメ横商店街)。戦後のヤミ市から発展したもので、激安店が集まる通りとして全国に知れ渡っています。年末の歳末セールはテレビでも紹介される定番の歳時記になっています。

闇市の雰囲気を残す貴重な商店街

アメ横商店街の看板は、上野駅側は「アメヤ横丁」ですが、正式名はアメ横商店街(アメ横商店街連合会が組織されています)で、キャッチコピーは「対面販売で交渉次第でさらにお安く」。
アメ横の名の由来は、飴などの菓子類を売る店が多かったからというのが定説ですが、アメリカ進駐軍の放出物資を売る店に由来するという説も。

戦後の闇市時代(バラック建ての商店が焼け跡に並んだ時代)に、アメ横では満州からの復員兵400人が共同体となり、連合会を結成して出店を統制、それが顧客の安心感、そして商品への信頼に繋がり発展。
それでいて闇市形態の雰囲気を残すため、「対面販売で交渉次第でさらにお安く」というキャッチフレーズが生まれるのです。

名の由来ともいわれる飴を売る店が並んだのは、戦後間もない頃、上野から故郷に帰る人が、砂糖不足で地元では手に入りにくい飴を買ったから。

かつては海外からの輸入品、さら米軍払い下げのアーミーグッズを安く手に入れられるとして名を馳せた場所ですが、今ではディスカウントショップは全国各地どこにでもあり、その意味での価値は薄れてしまっいましたが、問屋が集中し値段交渉も可能なため、買い物の醍醐味が味わえます。

モデル御用達の輸入化粧品の店など、ネット販売が全盛の現代でも、安く、良い品があるということで、ここを訪れる人が多数。

輸入衣料・雑貨、化粧品、宝飾品、菓子問屋、靴、バッグ、革製品から、魚介類、果物などの生鮮品を扱う店まで多岐にわたり、活気あふれる市場の雰囲気は健在です。

アメ横
アメ横
名称 アメ横/あめよこ
所在地 東京都台東区上野4
関連HP アメ横商店街公式ホームページ
電車・バスで JR上野駅から徒歩3分、JR御徒町駅から徒歩2分
ドライブで 首都高速上野ランプから約400m
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ アメ横商店街連合会 TEL:03-3832-5053/FAX:03-3837-3619
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
アメ横

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!