東京の大仏 10選

東京の大仏 10選

東京都内には、板橋区・乗蓮寺の東京大仏(像高125m)を筆頭に、巨大な大仏が数多く建立されています。しかも江戸時代に、名工といわれた鋳物師(いもじ)の作品も現存し、大仏巡りも楽しめるのです。都内にある大仏10尊を紹介します。

東京23区

乗蓮寺(東京大仏)|板橋区

所在地:東京都板橋区赤塚5-28
像高:12.5m(青銅製で重さ32t)
造立・開眼:昭和52年4月11日
備考:東京大空襲、関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないように願いを込めて建立されたものです。
青銅製の鋳造大仏としては、奈良(東大寺大仏/14.98m、台座別で250t)、鎌倉(高徳院大仏/11.39m、121t)、高岡大仏(15.85m、13t)、兵庫大仏(能福寺大仏/11m、60t)などと並ぶ巨大な大仏。

乗蓮寺(東京大仏)

乗蓮寺(東京大仏)

東京都板橋区赤塚にある乗蓮寺は、徳川家康から10石の朱印地を寄進された浄土宗の寺。8代将軍・徳川吉宗は、鷹狩の際の「御小休・御膳場」に使っています。境内に鎮座する東京大仏は、東京大空襲、関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないように願いを

天王寺・元禄大仏|台東区

所在地:東京都台東区谷中7-14-8
像高:2m96cm
造立・開眼:元禄3年(1690年)
備考:神田鍋町の鋳物師(いもじ)・太田久右衛門鋳造。
谷中七福神の毘沙門天を祀る寺で、現在の谷中霊園は、江戸時代には天王寺の境内。
天王寺は江戸時代後期の天保4年(1833年)に改称された名前で、大仏も感応寺時代のもの。

天王寺・元禄大仏

天王寺・元禄大仏

東京都台東区谷中にある天台宗の寺、天王寺(てんのうじ)。谷中霊園の一画に建つのは、谷中霊園は神仏分離、廃仏毀釈以前は、境内地だったから。そんな天王寺の境内に鎮座する露座の大仏が元禄大仏と呼ばれる釈迦牟尼如来坐像。元禄3年(1690年)建立と

九品寺大仏|台東区

所在地:東京都台東区花川戸2-11-13
像高:3m87cm
造立・開眼:寛永6年(1629年)頃
備考:鋳物師・長谷川五郎兵衛尉益継(はせがわごろべえのじょうますつぐ)鋳造。
現存する東京最古の大仏。

九品寺大仏

九品寺大仏

東京都台東区花川戸にある浄土宗の寺、九品寺(くほんじ)。その境内にある銅製の阿弥陀如来坐像が九品寺大仏で、明暦3年(1657年)、江戸の大半を焼き尽くした明暦の大火(めいれきのたいか)で亡くなった人々の菩提を弔うため、万治3年(1660年)

護国寺・大仏|文京区

所在地:東京都文京区大塚5-40-1
像高:2.5m
造立・開眼:江戸時代初期
備考:もともとは筑波山大権現(現・筑波山神社)の別当・護持院にあったものを明治初年の神仏分離、廃仏毀釈で護国寺境内に移設。

護国寺・大仏

護国寺・大仏

東京都文京区大塚5丁目にある真言宗豊山派の大本山が護国寺。天和元年(1681年)、5代将軍・徳川綱吉は母・桂昌院(けいしょういん=3代将軍・徳川家光の側室)の願いを受け、護国寺を創建。境内にある大仏(毘盧遮那仏)は、筑波山大権現(現・筑波山

吉祥寺大仏|文京区

所在地:東京都文京区本駒込3-19-17
像高:4.17m
造立・開眼:享保7年(1722年)
備考:神田鍛冶町鑄物師・河合兵部永田喜右衛門鋳造。

吉祥寺大仏

吉祥寺大仏

東京都文京区本駒込3丁目にある曹洞宗の名刹、吉祥寺(きちじょうじ)の境内にある大仏。享保7年(1722年)鋳造の青銅製の釈迦如来坐像で像高2.93m、総高4.17m。鋳造したのは「神田鍛冶町鑄物師 河合兵部 永田喜右衛門」と蓮台に彫られてい

仙行寺(池袋大仏)|豊島区

所在地:東京都豊島区南池袋2-20-4
像高:像高4.6m(重さ1.5t)
造立・開眼:平成30年8月25日
備考:後ろの壁から台座となる雲の部分に支柱を通して大仏を支え、床から1mほど浮いて見える仕掛け。
総檜造りという木造の大仏は、大佛師(勢山社/滋賀県大津市)・渡邊勢山(わたなべせいざん)の手彫り。

仙行寺(池袋大仏)

仙行寺(池袋大仏)

東京都豊島区南池袋にある日蓮宗の寺、仙行寺(せんぎょうじ)。平成30年に再建された8階建て、ビル形式の本堂(仙行寺本堂ビル、7階が本堂)に安置されるのが、空中に浮遊するというユニークな池袋大仏。平成30年8月25日に公開され、大いに話題を呼

西迎寺・大仏|新宿区

所在地:東京都新宿区舟町13
像高:2.37m
造立・開眼:元禄7年(1694年)
備考:幕臣・伏見勘七郎為智が父の供養のために造立した阿弥陀如来座像。
鋳物師は名工・椎名伊予守良寛。

西迎寺

西迎寺

東京都新宿区舟町、都営地下鉄曙橋駅近くにある浄土宗の寺が、西迎寺(さいこうじ)。当初は太田道灌ゆかりの江戸城内の紅葉山にありましたが、江戸城の拡張のため、寛永12年(1635年)に現寺地に移転。銅造の阿弥陀如来座像は曙橋大仏、四谷大仏とも呼

多摩地区

寳光寺(鹿野大佛)|日の出町

所在地:東京都西多摩郡日の出町平井3392
像高:12m
造立・開眼:平成30年4月
備考:鎌倉大仏(像高11.39m)を凌ぎ、東大寺大仏(14.7m)に次ぐ国内第2位の坐像。
国の伝統的工芸品となっている山形鋳物(やまがたいもの=平安時代後期に始まった歴史ある鋳物)の技術を用い、およそ5年の歳月を費やして完成した、まさに温故知新の大仏です。

寳光寺(鹿野大佛)

寳光寺(鹿野大佛)

東京都西多摩郡日の出町にある名刹が、塩澤山寳光寺(えんたくざんほうこうじ)。室町時代の文明10年(1478年)、以船文済和尚(いせんもんさいおしょう)が曹洞宗の寺、寳光寺を建立したのに始まり、平成30年4月には33世となる八坂良秀住職が、青

春清寺(多摩大仏)|三鷹市

所在地:東京都三鷹市新川4-4-22
像高:3.35m
造立・開眼:昭和54年5月
備考:日本在住のスリランカの仏像彫刻家ダヤシリ・ソーマパーラが制作。
世界遺産に登録されるダンブッラの黄金寺院の仏像のような、スリランカの古典的なスタイルを模したもの。

春清寺(多摩大仏)

春清寺(多摩大仏)

東京都三鷹市にある曹洞宗の寺、春清寺(しゅんせいじ)。慶長7年(1602年)、旗本で青山百人組のひとり、大原春清(無徹玄心)が草庵を建てたのが始まり。境内には昭和54年5月に開眼した像高3.35mの多摩大仏があり、黄金に輝く神々しい大仏にな

善生寺(吹上大仏)|日野市

所在地:東京都日野市東豊田2-26-3
像高:4.85m(重さ8t)
造立・開眼:平成7年
備考:善生寺開創350年と釈迦生誕2560年を記念して建立。
日野七福神の大黒天を祀る寺です。

善生寺(吹上大仏)

善生寺(吹上大仏)

東京都日野市にある法華宗の寺、善生寺(ぜんしょうじ)。正保2年(1645年)、豊田村を領有する旗本・大久保勘三郎忠良が前年に亡くなった娘の追善のために建立した寺。平成7年に建立された丈六(4.85m)の青銅製の大仏(薬師如来)は吹上大仏と称

番外編

大仏パゴダ(上野大仏)|台東区

所在地:東京都台東区上野公園5
像高:像高6m(建立当時の全体で)
造立・開眼:1843(天保14)年
備考:越後村松藩の第9代藩主・堀直央(直寄の末裔)が大仏を新鋳して再建、仏殿を修復。
明治維新後に仏殿が破却され、大仏も関東大震災(大正12年)で頭部が落下。
資金難で再建ができずに昭和15年、軍への金属供出で胴部も失われて、昭和42年に祈願塔(大仏パゴダ)が建立され、昭和47年、寛永寺に安置されていた大仏の顔面部をレリーフとして安置。

大仏パゴダ(上野大仏)

上野公園に建つ、明治5年創業の西洋料理の草分け上野精養軒。その近くにあるのが大仏パゴダ。関東大震災で崩れ落ちるまで、この大仏山と称する地には大仏が鎮座していました。現在では薬師仏を祀るパゴダ様式の祈願塔と志納所があり、大仏の顔面部のみ保存展

東京の大仏 10選
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京の大仏 10選

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!