九品寺大仏

九品寺大仏

東京都台東区花川戸にある浄土宗の寺、九品寺(くほんじ)。その境内にある銅製の阿弥陀如来坐像が九品寺大仏で、明暦3年(1657年)、江戸の大半を焼き尽くした明暦の大火(めいれきのたいか)で亡くなった人々の菩提を弔うため、万治3年(1660年)に造立したもので、台東区の文化財に指定されています。

現存する東京最古の大仏が九品寺境内に!

九品寺は、慶長3年(1598年)、吟誉(ぎんよ)が開山、寛永6年(1629年)、天誉吟徹(てんよぎんてつ)が中興し、諸堂を建立していますが、九品寺大仏もこの天誉吟徹の造立。
浄財を募って造立したため、蓮華坐に、募金など造立に協力した人々、その縁故者と思われる人の戒名・法名などが刻まれています。
鋳物師(いもじ)は、長谷川五郎兵衛尉益継(はせがわごろべえのじょうますつぐ)。
像高3m87cm。

関東大震災で堂宇全焼、さらに空襲で再度焼失していますが、この大仏(阿弥陀如来坐像)は往時のままに鎮座し、東京に現存する最古の大仏になっています。

大仏の向かい側にある沓履地蔵尊(くつはきじぞうそん)は、関東大震災で焼失した木造念持仏を平成3年、等身大の大きさで再建したもの。
沓(靴)を履いている珍しい地蔵菩薩像で、履物の町・花川戸のシンボル的存在です。

江戸時代から、九品寺大仏、沓履地蔵尊は庶民に信仰されていたもので、物見遊山を兼ねた寺社詣を今に伝えています。

九品寺近くには言問橋(ことといばし)があり、言問橋西詰の言問橋西交差点は、東京スカイツリーのビューポイントにもなっています。

九品寺大仏
名称 九品寺大仏/くほんじだいぶつ
所在地 東京都台東区花川戸2-11-13
関連HP 九品寺公式ホームページ
電車・バスで 東武・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅から徒歩5分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 九品寺 TEL:03-3844-8366/FAX:03-3844-2485
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
九品寺大仏

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!