東京の直線道路3選

東京の直線道路3選

東京都内の直線道路は、あまりイメージできませんが、5km以上の直線が続く場所が3ヶ所あります。いずれも都道ですが、じつは3ヶ所に共通するのが、水道道路という点。地下には東京都水道局の水道管(送水管)が埋設されており、その上を道路として活用しているのです。

井の頭通り

正式名:東京都道7号(杉並あきる野線)
直線距離:5km
区間:JR吉祥寺駅東側のガード下(武蔵野市)〜浜田山駅入口交差点(杉並区)
歴史:大正13年に完成した境浄水場と和田堀浄水池(現・和田堀給水所)を結ぶ送水管の上を補強した道路
東京市の水道事情の切迫を背景に、昭和2年に村山貯水池(多摩湖)を築き、村山貯水池の水を境浄水場へ送水、さらに和田堀浄水池へと送水しましたが、その送水管の上を利用した水道道路です

井の頭通り

井の頭通り

東京都渋谷区の渋谷駅近くと、武蔵野市にある境浄水場近くを結ぶ道路が、井の頭通り(井ノ頭通り)。東京の水需要の増大を受けて、大正13年に完成した境浄水場と和田堀浄水池(現・和田堀給水所)を結ぶ送水管の上を補強した道路で、そのために東京を代表す

荒玉水道道路

正式名:都道428号(高円寺砧浄水場線)/4t以上の車の通行は禁止
直線距離:7.74km
区間:杉並区立堀ノ内三丁目公園前〜都道3号(世田谷町田線)にぶつかる手前の交差点
歴史:昭和初期、多摩川の水を砧(現・東京都世田谷区)の濾過池で濾過後、野方町(中野区)を経由し板橋町の大谷口(板橋区)に送水するために敷設された荒玉水道の送水管の上を道路として活用

荒玉水道道路

荒玉水道道路

東京都杉並区梅里〜世田谷区喜多見の都道428号(高円寺砧浄水場線)の通称が、荒玉水道道路(あらたますいどうどうろ)。道路の地下に荒玉水道の送水管が埋設されている水道道路。送水管が直線的に敷設されているので、道路も東京屈指の直線道路になってい

多摩湖自転車歩行者道

正式名:東京都道253号(保谷狭山自然公園自転車道線)
直線距離:6.3km
区間:西武拝島線の踏切部分〜関前5丁目交差点
歴史:昭和2年、村山貯水池(多摩湖)の完成で、村山貯水池の水を境浄水場へと送水する導水管を設置、比較的に浅い場所に敷設したため、その上は車の走行には不適で、自転車歩行者専用道路として活用

多摩湖自転車歩行者道

多摩湖自転車歩行者道

東京都東村山市の多摩湖堰堤の南端と西東京市を結ぶ自転車歩行者専用道路が、多摩湖自転車歩行者道(たまこじてんしゃほこうしゃどう)。正式名は東京都道253号(保谷狭山自然公園自転車道線)で、都道です。全長21.9kmで、サイクリングコースとして

東京の直線道路3選
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京の直線道路3選

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!