清澄庭園『花菖蒲と遊ぶ』|江東区|2019

清澄庭園『花菖蒲と遊ぶ』

2019年6月1日(土)~6月16日(日)、東京都江東区の清澄庭園で『花菖蒲と遊ぶ』が開催。下町情緒あふれる深川の名園、清澄庭園では、例年6月上旬から自由広場にある約350株のハナショウブが見頃を迎えます。自由広場の花菖蒲田は、青、白、紫、ピンクの涼しげな色に包まれ、同時期に園内ではアジサイも見頃を迎えます。

土・日曜には庭園ガイド

期間中の土・日曜には庭園ガイドも実施。
11:00〜・14:00〜の2回、各1時間、庭園ガイドボランティアの案内で園内散策を楽しむことができます(無料、荒天中止、サービスセンター前集合)。

清澄庭園『花菖蒲と遊ぶ』|江東区|2019
開催日時 2019年6月1日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都江東区清澄3-3-9
場所 清澄庭園
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで 都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A3出口から徒歩3分
ドライブで 首都高速清洲橋ランプから約1km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:03-3641-5892
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

清澄庭園

三菱財閥の祖・岩崎弥太郎の命により、明治13年に完成した池泉回遊式庭園。もとは下総国関宿の城主・久世家の荒廃した下屋敷だった場所を蘇らせ、賓客の接待や社員の慰安所として使用した。造園に大変な関心を寄せていた弥太郎は、こよなく石を愛したことで

清澄庭園『花菖蒲と遊ぶ』

関連記事

よく読まれている記事