宇喜田公園

宇喜田公園

東京都江戸川区北葛西3丁目・宇喜田町、平成14年4月1日に開園した5.98haの都立公園が、宇喜田公園。動物園や釣り池のある江戸川区立行船公園に隣接し、フラワープロムナード、草花広場など花に囲まれた緑豊かな公園。遊具広場、少年野球場などリクリエーションにも対応しています。

南西側に行船公園に隣接し、防災機能も有した公園

メインとなっているのが、周囲をネットフェンスで囲われたスポーツ広場、少年野球場ですが、その間に遊び場広場、遊具広場も設置されています。

宇喜田通りに面したガーデンパークは、ボランティアの手によって、ラベンダー、ローズマリーなどのハーブが植栽されています。
船堀街道に面したフラワープロムナードには、桜が植栽され、春にはお花見が可能です。

南西側に隣接して江戸川区立行船公園があり、江戸川区自然動物園、平成庭園が整備され、ファミリーに人気。

宇喜田公園は、亀戸中央公園、猿江恩賜公園、尾久の原公園、東綾瀬公園、中川公園、大島小松川公園とともに東京都東部7公園(東京都の東部にある都立公園7園)のひとつです。

ちなみに、宇喜田町は慶長元年(1596年)、宇田川喜兵衛が中川、江戸川河口、葦(あし)の茂る三角州を開発して田(宇喜新田)にした土地で、宇田川の宇、喜兵衛定の喜、そして新田の田で、宇喜田という地名が生まれています(宇喜新田の開発は江戸川区内最大規模で、元禄検地には宇喜田村とあります)。
東小松川2丁目の源法寺(宇田川喜兵衛中興)には宇田川家の墓があります。

宇喜田公園
宇喜田公園
名称 宇喜田公園/うきたこうえん
所在地 東京都江戸川区北葛西3丁目・宇喜田町
関連HP 東京都東部7公園公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ西葛西駅、都営地下鉄船堀駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速清新町出入口から約2km
駐車場 第1駐車場(20台/有料)、第2駐車場(31台/有料)
問い合わせ 大島小松川公園サービスセンター TEL:03-3636-9365
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
行船公園(平成庭園・源心庵)

行船公園(平成庭園・源心庵)

東京都江戸川区北葛西3丁目にある美しい庭園が行船公園(平成庭園・源心庵)。昭和8年、田中源(たなかげん)が、区民福祉の増進と生活文化向上のための公園用地として、東京市へ寄付した地が行船公園。平成元年4月16日に公園の北側に平成庭園・源心庵が

江戸川区自然動物園

江戸川区自然動物園

東京都江戸川区、行船公園内にある区立の動物園が江戸川区自然動物園。オーストラリア政府の認定の動物園で、オーストラリアやタスマニア島に生息する「ベネットアカクビワラビー」も飼育されています。無料で入園できますが、ふれあいコーナーもあり、充実し

亀戸中央公園

亀戸中央公園

東京都江東区亀戸9丁目にある10.3haの都立公園が、亀戸中央公園。東京都東部7公園のひとつで、JR総武線・亀戸駅、東武鉄道亀戸線・亀戸水神駅(江東区最北端の駅)の2駅が利用できます。A地区、B地区、C地区の3つのエリアに分かれ、かめいど花

大島小松川公園

大島小松川公園

旧中川を挟んで東京都江戸川区小松川と江東区大島にまたがる都立公園が大島小松川公園。平常時はレクリエーションの場として利用され、災害時には20万人の 避難場所となる防災市街地再開発事業により、設置された防災公園で、東京都東部7公園のひとつ。旧

猿江恩賜公園

猿江恩賜公園

東京都江東区住吉2丁目・毛利2丁目にある都立公園が、猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)。昭和7年4月29日開園、14.5haの広大な公園で、現在の南園が大正13年の昭和天皇の成婚を記念して、政府から東京市に下賜されたのが名の由来で、北園は

東綾瀬公園

東綾瀬公園

東京都足立区、JR常磐線・東京メトロ千代田線綾瀬駅の北側に、逆U字型に2kmにわたって続く公園が、東綾瀬公園(ひがしあやせこうえん)。もともと水田だった土地の一部(5.9ha)を区画整理事業で都立公園としたもので、昭和41年7月11日に開園

中川公園

中川公園

東京都足立区中川5丁目、JR常磐線・亀有駅の北東、東に中川が流れる地にある12haという広大な面積の都立公園が、中川公園。西側に環七通りが走るA地区と、東側に中川が流れるB地区に分かれていますが、A地区は東京都下水道局の中川水再生センターの

尾久の原公園

尾久の原公園

東京都荒川区東尾久7丁目、隅田川の南岸、東京都立大学荒川キャンパスの東に広がる6.18haの都立公園が、尾久の原公園。もともと旭電化工業(現・ADEKA)の尾久工場があった場所で、跡地を整備してトンボ池、原っぱ、芝生などが広がる自然を活かし

宇喜田公園

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!