亀戸中央公園

亀戸中央公園

東京都江東区亀戸9丁目にある10.3haの都立公園が、亀戸中央公園。東京都東部7公園のひとつで、JR総武線・亀戸駅、東武鉄道亀戸線・亀戸水神駅(江東区最北端の駅)の2駅が利用できます。A地区、B地区、C地区の3つのエリアに分かれ、かめいど花の会により、四季の花が植栽されています。

冬は「サザンカの名所」として知られる公園

亀戸中央公園

丸八通りと総武線に囲まれたA地区は、中央広場、遊具広場、シンボルの時計塔が、その北側のB地区は、もっとも広いエリアで、芝生広場が広がり、夏(7月下旬~8月下旬)はじゃぶじゃぶ池も用意されます。
B地区をぐるりと回る園路(670m)は、散歩コースになっています。
総武線の東に位置するC地区にはサービスセンター、多目的広場、テニスコート、児童コーナー(遊具が設置された広場)などがあります。
亀戸中央公園のシンボルとなるサザンカは、C地区のテニスコート沿いを中心に園内全域に50園芸品種、4000本が植栽され、11月初旬〜1月末が開花期です。
園内にはサザンカ案内図が設置され、サザンカ原種、「立寒椿」、「乙女」、「想夫恋」、「富士の峰」、「笑顔」、「鎌倉絞り」、「昭和の栄」など、品種ごとの植栽地がわかる仕掛けに。

もともとは、明治40年、日立鉱山を運営する久原財閥 (くはらざいばつ)の久原鉱業所の工場が置かれた場所で、大正7年、日立製作所亀戸工場となりましたが、昭和49年、新潟県中条へ移転(現・日立産機システム中条事業所)。
跡地を整備して昭和55年6月1日、亀戸中央公園として開園。

ちなみに江東区の区の花は、サザンカです(区の木はクロマツ)。

亀戸中央公園は、猿江恩賜公園、尾久の原公園、東綾瀬公園、中川公園、大島小松川公園、宇喜田公園とともに東京都東部7公園(東京都の東部にある都立公園7園)のひとつです。

亀戸中央公園
亀戸中央公園
名称 亀戸中央公園/かめいどちゅうおうこうえん
所在地 東京都江東区亀戸8・9丁目
関連HP 亀戸中央公園公式ホームページ
電車・バスで 東武亀戸水神駅から徒歩2分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 亀戸中央公園サービスセンター TEL:03-3636-2558
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
猿江恩賜公園

猿江恩賜公園

東京都江東区住吉2丁目・毛利2丁目にある都立公園が、猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)。昭和7年4月29日開園、14.5haの広大な公園で、現在の南園が大正13年の昭和天皇の成婚を記念して、政府から東京市に下賜されたのが名の由来で、北園は

大島小松川公園

大島小松川公園

旧中川を挟んで東京都江戸川区小松川と江東区大島にまたがる都立公園が大島小松川公園。平常時はレクリエーションの場として利用され、災害時には20万人の 避難場所となる防災市街地再開発事業により、設置された防災公園で、東京都東部7公園のひとつ。旧

亀戸中央公園

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!