天龍寺

天龍寺

東京都新宿区新宿4丁目にある曹洞宗の寺が、天龍寺。かつては牛込にあり、江戸城の裏鬼門を鎮護する使命を帯びていましたが(表鬼門鎮護は上野・寛永寺)、天和3年(1683年)、内藤新宿・追分近くに移転しました。江戸に9ヶ所にあった「時の鐘」のひとつが天龍寺に現存しています。

徳川秀忠の生母・西郷局ゆかりの禅寺

天龍寺

前身は、遠江国佐野郡西郷村(現・掛川市上西郷)の法泉寺だといい、法泉寺が徳川家康の側室・西郷局(さいごうのつぼね=徳川秀忠の生母)の父・戸塚忠春(とつかただはる)の菩提寺だったことから、徳川家康の関東入府に際し、遠江国から現在の牛込納戸町・細工町付近に移さ、天龍寺と称したのだと伝えられています。
この寺名も、西郷村の近くを流れる天竜川から名をとったとのこと。

天和3年(1683年)、牛込の火事で類焼し、内藤新宿に移ったもの。

江戸にある時の鐘でも内藤新宿は江戸城から距離があり、登城に時間がかかるため、朝四半刻(30分)早く鐘を撞いたといい、そのため新宿で遊興していた人々を追出す鐘とともなったため、「追出しの鐘」として評判の悪い鐘だったといわれています。

天龍寺の時の鐘は、国重要美術品、時の鐘を鳴らす時間を求めた天龍寺のやぐら時計は、新宿区の文化財に指定されています。

天龍寺
名称 天龍寺/てんりゅうじ
所在地 東京都新宿区新宿4-3-19
関連HP 新宿観光振興協会公式ホームページ
電車・バスで 都営地下鉄新宿三丁目駅から徒歩3分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 天龍寺 TEL:03-3354-1011
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天龍寺・時の鐘

天龍寺・時の鐘

東京都新宿区新宿4丁目、江戸時代に内藤新宿(甲州街道、日本橋から数えて最初の宿場)で時を告げたのが、天龍寺・時の鐘。江戸市中に設置された9ヶ所(時代によって異なります)の時の鐘のうち、江戸城から離れていることから、毎朝、最初に撞いたのがこの

天龍寺

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!