鬼子母神前停留場

東京都豊島区雑司が谷2丁目にある都電荒川線(東京さくらトラム)の電停が、鬼子母神前停留場 (きしぼじんまえていりゅうじょう)。その名の通り、鬼子母神(きしもじん)を祀る雑司ヶ谷の鬼子母神堂の玄関駅。駅名は「きしもじん」ではなく、通称の「きしぼじん」となっていて、難読駅名のひとつです。

王子電気軌道時代の大正14年に開業

開業は大正14年11月12日、王子電気軌道の大塚駅前〜鬼子母神前の開通に伴って開業した歴史ある駅で、開通当初は終着駅でした(昭和3年12月25日、鬼子母神前〜面影橋延伸開業)。
相対式ホーム2面2線を有する電停で、直下には東京メトロ副都心線雑司が谷駅があり、乗り換え駅になっています。
安産・子育の守り神として庶民の信仰を集める鬼子母神堂、その縁日は縁日(8日、18日、28日)です。

鬼子母神前停留場のすぐ南側では、明治通りの上を目白通りが交差する千登世橋(ちとせばし)があり、都電もその橋の下を通り抜けています。
この千登世橋は、昭和7年の完成で、東京における立体交差の先駆け。

鬼子母神前停留場
名称 鬼子母神前停留場/きしぼじんまえていりゅうじょう
所在地 東京都豊島区雑司が谷2-7
関連HP 東京都交通局公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千登世橋

千登世橋

東京都豊島区、明治通りと都電荒川線を跨ぐ目白通りの橋が、千登世橋(ちとせばし)。豊島区が誕生した昭和8年に当時の東京市が架橋した橋で、当時としては珍しい立体交差になっています。橋長27.96m、幅員18.18mのアーチ橋で、目白台地と関口台

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事