石神井公園駅

石神井公園駅

東京都練馬区石神井町3丁目にある西武池袋線の駅が、石神井公園駅(しゃくじいこうえんえき)。大正4年4月15日、武蔵野鉄道の石神井駅として開業し、昭和7年、 石神井風致協会設立し、一帯の公園的な環境保全が図られたことから、昭和8年3月1日、石神井公園駅に改称。西武鉄道屈指の難読駅名にもなっています。

都立石神井公園の玄関駅

石神井公園駅

大正4年4月15日、西武鉄道の前身、武蔵野鉄道の池袋駅〜飯能駅(当時の線名は武蔵野線)の開通と同時に開業した歴史ある駅。
当時は池袋駅から3駅目(東長崎駅 、練馬駅)でした。

もともと現在の石神井公園にある三宝寺池周辺は、風光明媚な景勝地で、鉄道の開通を受けて、大正6年、池の畔に旅館「武蔵野館」、料亭「豊島館」が開業、高浜虚子、太宰治ら多くの文化人たちも集いました。
三宝寺川(旧弁天川)をせき止め、石神井池(ボート池)が誕生したのは、石神井公園駅に改称した翌年で、都立石神井公園の開園は昭和34年のこと。

湧水池だった三宝寺池周辺の自然が、石神井公園としてのルーツなのです。

駅舎は平成24年までに上下線とも高架化され、平成29年には「Emio石神井公園」がオープンしています。
普通列車のほか、S-TRAIN、快速急行、急行、通勤急行、快速、準急が停車(通勤準急は通過です)。
東京メトロ副都心線や有楽町線直通列車の始発駅でもあり、便利ですが、乗り間違えには注意が必要。

石神井公園へは、石神井公園駅から徒歩7分。
吉祥寺駅行、阿佐ヶ谷駅行、荻窪駅行などのバスも発着しますが、南ロータリー、北ロータリーに分かれているのでご注意を。

ちなみに石神井とい地名は、村人が井戸を掘った際に、石棒が出土、石棒には奇端(きずい)があったため、村人たちは、それを霊石と崇め、石神様(いしがみさま)として祀ったのが始まり(これが現在の石神井神社の起こり)。

石神井公園駅
石神井公園駅
名称 石神井公園駅/しゃくじいこうえんえき
所在地 東京都練馬区石神井町3-23-10
関連HP 西武鉄道公式ホームページ
問い合わせ 石神井公園駅 TEL:03-3996-2651
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

石神井公園

昭和34年、練馬区石神井町に開園した大部分を池が占める東西に細長い都立公園が石神井公園。湧水池の三宝寺池、石神井池の二つの池を中心とした公園で、武蔵野の自然が残されています。池の辺には湿生植物が茂り、鳥が多く集まるので、野鳥観察にもおすすめ

石神井公園駅

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事