田園調布駅

田園調布駅

東京都大田区田園調布にある東急電鉄東横線・目黒線の駅が、田園調布駅。大正12年3月11日、目黒蒲田電鉄の目黒駅〜丸子駅(現・沼部駅)間開通と同時に開業した歴史ある駅で、平成6年〜7年にホームを地下化したため、駅舎を解体。平成12年に駅舎をシンボルとして復元しています(実際の駅は地下駅)。関東の駅百選に選定。

庭園都市・田園調布の玄関駅

田園調布駅

西口にある復元駅舎(旧駅舎)は、中世ヨーロッパの民家を模していて、屋根は2段階に勾配がきつくなるマンサード・ルーフ(Mansard roof/17世紀、フランスの建築家フランソワ・マンサール考案)。
ヨーロッパの片田舎に降り立ったような、エレガントな雰囲気を醸しています。

田園調布は大正7年、実業家・渋沢栄一らにより、当時イギリスで提唱された田園都市構想をモデルに、『理想的な住宅地「田園都市」の開発』として住宅開発。
駅完成直後の大正12年8月から分譲が開始された高級住宅地(開発当初は中堅層向けの住宅地)で、美しく整備された景観は平成3年度の「都市景観大賞」を受賞しています。

復元駅舎(旧駅舎)の目の前が噴水のある西口ロータリーで、イチョウ並木の道路が放射線状(「半円のエトワール型」渋沢秀雄)に延びているのも、ヨーロッパの都市に真似たもの(街づくりのモデルとしたのは、サンフランシスコ郊外の高級住宅地セントフランシス・ウッド)。
田園調布駅の設計は、田園調布の開発プランにも参加し、渋沢秀雄(渋沢栄一の子)の意向を取り入れ「半円のエトワール型」道路をデザインした矢部金太郎。

購入者の住宅建築にあたっても「建物は三階建て以下とすること」、「建物敷地は宅地の五割以下とすること」、「建築線と道路との間隔は道路幅員の二分の一以上とすること」、「住宅の工費は坪当たり百二、三十円以上にすること」など厳しい条件を付けています。

田園調布駅
名称 田園調布駅/でんえんちょうふえき
所在地 東京都大田区田園調布3-25-18
関連HP 東急電鉄公式ホームページ
問い合わせ TEL:03-3721-3175
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
田園調布駅

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!