東久留米駅

東久留米駅

西武池袋線の東久留米駅は、大正4年4月15日、武蔵野鉄道(現・西武鉄道)が池袋駅〜飯能駅間開通と同時に開業した歴史ある駅です。開業時の隣駅は、池袋方面が保谷駅(現在はひばりヶ丘駅)、飯能方面が所沢駅(現在は清瀬駅)でした。戦時中には中島航空金属までの構外線も敷かれていました。関東の駅百選に選定。

駅舎西口には富士山眺望の「富士見テラス」が!

東久留米駅

関東の駅百選の選定理由は、「住民参加によりデザインされたユニークでコミュニティー的駅」。
駅舎西口にある「富士見テラス」が「関東の富士見百景」に選定され、冬至前後には晴れていれば富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士も期待できます。

北口の木造駅舎は、高橋留美子の漫画『めぞん一刻』に登場する「時計坂駅」のモデル。
残念ながら当時の駅舎は解体され、跡地には北口と駅コンコースを結ぶ連絡通路を併設した商業施設「Emio東久留米」が建っています。

東久留米駅 DATA

名称 東久留米駅/ひがしくるめえき
所在地 東京都東久留米市東本町1-8
関連HP 西武鉄道公式ホームページ
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 西武鉄道お客さまセンター TEL:04-2996-2888
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富士見テラス

富士見テラス

2018年12月19日
東久留米駅

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!