六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

東京都港区六本木6丁目、海抜250mの屋内展望回廊と、海抜270mの屋外展望回廊「スカイデッキ」からなる展望施設が六本木ヒルズ展望台東京シティビュー(TOKYO CITY VIEW)。360度ガラス張りという六本木ヒルズ52階には、カフェ、レストラン、「スカイギャラリー」も用意されています。

六本木ヒルズの屋上は、なんと「スカイデッキ」に!

やはり驚くのは六本木ヒルズの屋上が「スカイデッキ」(SKY DECK)となっている点。
海抜270m、地上238mに一周135mのウッドデッキが設置され、都心にいながら星空観望までも可能な天空回廊になっているのです(天候不良の場合は閉鎖)。

スカイデッキでは、日没後に月の満ち欠けに合わせたライトアップも実施。
基本のライトアップは、「New Moon」(新月)と「Full Moon」(満月)の2つのMoonlight バージョン。さらに季節に合わせたSeasonal lightが加わっています。
「六本木天文クラブ」という呼び名で、星空観望会や季節の天文イベントも開催。
仕事帰りやデート、そしてファミリーで参加可能です。

近くにそびえ立つ東京タワーは、特別展望台が海抜250mなので、ほぼ東京シティビューと同じ高さにありので目線の先に、大展望台(高さ150m)は眼下に眺める感じになります。

東京シティビューとスカイデッキが、1年間いつでも、何度でも利用できる「年間パスポート」も用意。

52階には、Museum Cafe & Restaurant「THE SUN & THE MOON」も営業。
森美術館や東京シティビュー、森アーツセンターギャラリーの鑑賞後に、気軽に立ち寄れる展望カフェ、レストランとなっています。

例年、11月3日前後、2月8日前後には富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士を眺めることができます。

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
名称 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー/ろっぽんぎひるずてんぼうだい とうきょうしてぃびゅー
所在地 東京都港区六本木6-10-1
関連HP 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩すぐ。都営地下鉄大江戸線六本木駅から徒歩4分
ドライブで 首都高速渋谷ランプから2km、外苑ランプから2.4km、霞が関ランプから2.4km、飯倉ランプから1.7km、芝公園ランプから1.6km、
駐車場 六本木ヒルズ駐車場(P1〜12まであり全体で2000台収容可能/有料)、割引サービスあり
問い合わせ 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー TEL:03-6406-6000
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京でダイヤモンド富士

11月〜2月は、東京でダイヤモンド富士 眺望23スポット紹介

富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士。東京は11月〜2月にチャンスがやってきます。高尾山山頂などは冬至前後の年1回ですが、それ以外のエリアは太陽の動きに伴って、冬至前、冬至後の2回チャンスが訪れます。うるう年など、年によって多少のズレがある

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!