巣鴨地蔵通り商店街

巣鴨地蔵通り商店街

東京都豊島区巣鴨4丁目、JR山手線・巣鴨駅からとげぬき地蔵(高岩寺)まで続く参道である地蔵通。現在は全長780m、約200店を誇る商店街で「おばあちゃんの原宿」と呼ばれるまでになっていますが、江戸時代には中山道の立場(たてば=休息所)として栄えた地です。

街道時代からの老舗和菓子店「福島家」も営業!

巣鴨地蔵通り自体が、中山道で、商店街入口の眞性寺は、江戸六地蔵尊を祀る寺でした。
江戸六地蔵は、江戸の六街道の出入口に置かれ、旅人の安全を見守った地蔵尊で、中山道の入り口に置かれたのが眞性寺の地蔵尊。
眞性寺の地蔵尊ととげぬき地蔵(高岩寺)を結ぶ道は、まさしく地蔵通りなのです。
現在は、巣鴨とげぬき地蔵尊門前仲見世会、巣鴨中央名店会、巣鴨四丁目サービス会という3つの組織で形成される商店で、巣鴨地蔵通り商店街のホームページも運営しています。

そんな巣鴨地蔵通り商店街には、参詣道として、歴史ある老舗も多いのが特徴。

「福島家」(商店街から外れています)は、幕末の文久元年(1861年)創業という老舗の和菓子店。
素材にこだわった上生菓子、季節限定の和菓子を売る、東京でも希少な老舗菓子店。

和菓子店では「松月堂」も昭和3年創業。
オリジナル地蔵最中や塩大福が人気です。

「八ツ目や にしむら」は、大正15年創業の鰻店で、通常の鰻のほかに、アラスカ産のヤツメウナギ(ウナギとは異なる動物)を使った料理も味わうことができますが、かなり癖があるので、初心者は要注意です。

日頃から賑わう商店街ですが、さらに賑わいを見せるのは、毎月4・14・24日のとげぬき地蔵(高岩寺)縁日と、1月24日、5月24日、9月24日の例大祭。
着物や靴、食品を扱う露店がずらりと並び、大勢の人出で混雑します。

巣鴨地蔵通り商店街
名称 巣鴨地蔵通り商店街/すがもじぞうどおりしょうてんがい
所在地 東京都豊島区巣鴨
関連HP 巣鴨地蔵通り商店街公式ホームページ
電車・バスで JR・都営地下鉄三田線巣鴨駅からすぐ
ドライブで 首都高速護国寺ランプから約3.4km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 巣鴨地蔵通り商店街 TEL:03-3918-2101
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

とげぬき地蔵尊(高岩寺)

東京・巣鴨にある延命地蔵菩薩を本尊として祀る曹洞宗の禅寺がとげぬき地蔵尊で、正式名は高岩寺。1596(慶長元)年の創建時には湯島、その後、下谷(したや)に移りましたが、大火で焼失。明治24年、巣鴨に移転し、現在の本堂は昭和32年に再建された

巣鴨地蔵通り商店街

巣鴨地蔵通り商店街

東京都豊島区巣鴨4丁目、JR山手線・巣鴨駅からとげぬき地蔵(高岩寺)まで続く参道である地蔵通。現在は全長780m、約200店を誇る商店街で「おばあちゃんの原宿」と呼ばれるまでになっていますが、江戸時代には中山道の立場(たてば=休息所)として

巣鴨地蔵通り商店街

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!