北王子線廃線跡

北王子線廃線跡

東京都北区にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物線の廃線跡が、北王子線廃線跡。田端信号場駅〜北王子駅(貨物駅)を結ぶ4.0kmの線路で、単線。正式には東北本線の貨物支線で、平成26年7月1日に廃止されています。線路の撤去が徐々に進み、将来的には遊歩道になる計画が進行中です。

王子製紙十條工場の専用線として昭和2年に開通

もともとは、大蔵省紙幣寮抄紙局(後の印刷局抄紙部)の十條分工場(郵便葉書用紙などを製造)の払い下げを受けた王子製紙が王子製紙十條工場として稼働、大正15年8月16日に王子駅〜下十条駅(後の北王子駅)の間の専用鉄道運輸の免許を受け、昭和2年に開通したのが始まり(それまでは神谷堀と隅田川の舟運に頼っていました)。
当初は王子駅が起点となり、尾長橋(王子四丁目)で王子電気軌道(後の都電、王子駅前〜赤羽/昭和47年廃止)と平面交差していました。

昭和2年12月20日に途中で分岐した須賀線とともに国有化され、鉄道省(戦後は国鉄、現JR)の路線に。
周辺の工場の郊外移転などから、昭和46年に須賀線が廃止になった後も十條製紙(旧・王子製紙、現・日本製紙)十條工場へと向かう貨物線として活用されましたが、昭和48年に十條工場も廃止され、跡地は現在、UR都市機構王子五丁目団地(昭和51年に完成)になっています。
その後も、日本製紙は北王子倉庫を残しており、東北の工場で生産された紙が列車で北王子倉庫まで運ばれ、トラックターミナルでトラックに積み替えられて出荷されていました。

平成26年、北王子倉庫の廃止とともに北王子線も廃線となり、北王子倉庫跡地はザ・ガーデンズ東京王子に変身しています。

注/線路の撤去、遊歩道化の計画が進行中で、使用している写真は現状と異なる可能性があります

北王子線廃線跡
名称 北王子線廃線跡/きたおうじせんはいせんあと
所在地 東京都北区王子3-2
電車・バスで JR・東京メトロ王子駅、JR東十条駅から徒歩10分
駐車場 なし
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
王子四丁目公園(須賀線廃線跡)

王子四丁目公園(須賀線廃線跡)

東京都北区王子4丁目にある北区立の公園が、王子四丁目公園。敷地が細長く、弧を描いてカーブするのは、廃線跡を利用した公園だから。田端操車場から王子駅を経て須賀駅(すかえき)まで、貨物線の須賀線が走っていました。昭和46年3月1日に廃止された須

東京の廃線跡を歩こう! 全12線

東京の廃線跡を歩こう! 全12線

東京都内には、小河内ダム建設の資材を運搬した東京都水道局小河内線(水根貨物線)、武蔵野競技場への中央線の支線、米軍立川基地への引込線、そして陸軍の軍用鉄道、都電の専用軌道など数多くの廃線跡が残されています。散策に絶好、あるいは散策途中に見学

北王子線廃線跡

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!