法真寺

法真寺

東京都北区、赤羽の武蔵野台地上にある日蓮宗の寺が、法真寺(ほうしんじ)、寺の下を徳川将軍家が日光社参に使った日光御成道(岩槻街道)が通り、街道から台地上に上った地に建っています。天正元年(1537年)、天海僧正の弟、證導院日寿上人の開山。

枯山水の庭に都会の喧騒を忘れる

法真寺

稲付山という山号は、かつての村名。
慶安2年(1649年)、3代将軍・徳川家光から寺領13石2斗の御朱印状を拝領しています。

境内には、本堂、客殿、壇信徒会館、三十番神堂、三蛇弁財天、咸得稲荷があり、行き届いた枯山水など、都会とは思えない風情があります。

法真寺
名称 法真寺/ほうしんじ
所在地 東京都北区赤羽西2-23-3
関連HP 法真寺公式ホームページ
電車・バスで JR赤羽駅から徒歩12分
駐車場 11台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
法真寺

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!