赤羽緑道公園

赤羽緑道公園

東京都北区赤羽台、北区立赤羽台公園の南側に東西1kmにわたって続く細長い緑道が、赤羽緑道公園。実は、戦前は、軍用鉄道だった廃線跡を公園にしたもの。陸軍被服本廠(りくぐんひふくほんしょう)、兵器庫と東北本線を結んでいました。

軍都・赤羽にあった軍用鉄道の廃線跡が緑道に

明治24年、赤羽台に陸軍被服廠(陸軍の衣類を取り扱う施設、明治41年から陸軍被服本廠)の被服倉庫が設置され、大正8年、陸軍被服本廠自体も本所区(徳川幕府の御米蔵「本所御蔵」跡/現・墨田区の横網町公園一帯)から赤羽台に移転。
戦後の昭和37年には、北区立赤羽台中学校が開校しましたが、北区立桐ケ丘中学校に統合されて移転し、現在は東洋大学赤羽台キャンパスなどになっています。

被服本廠の南側には、日露戦争を機に小石川にあった東京砲兵工廠が手狭になったことを契機に東京第一陸軍造兵廠が移転し、その西に東京第二陸軍造兵廠も築かれて、一帯は「軍都」と呼ばれる様相を呈していました。

明治41年、赤羽停車場(現・赤羽駅)の北側で東北本線と分岐し、板橋兵器庫(後の東京陸軍兵器補給廠)までの軍用鉄道(東京陸軍兵器補時代の正式名は東京兵器補給廠線)が開通。
さらに陸軍被服本廠へ向かう引込線も敷設されています。

戦後、東京陸軍兵器補給廠がアメリカ軍が接収し、TOD第1地区となったため、軍用線もアメリカ軍がそのまま使用。
朝鮮戦争時にも物資輸送に使われていますが、昭和20年代後半に廃止。

終点の兵器庫があった場所は、赤羽自然観察公園になっています。
東京メトロ南北線の建設時に、赤羽自然観察公園の場所に車両基地をつくる計画もありましたが、反対運動で断念し、赤羽自然観察公園が誕生。

東北本線との分岐点の少し先から、陸軍被服本廠への引込線分岐の手前の間の廃線跡が、赤羽緑道公園として整備され、散策にも絶好です。

赤羽緑道公園
名称 赤羽緑道公園/あかばねりょくどうこうえん
所在地 東京都北区赤羽台3-8~赤羽西5-8
関連HP 北区公式ホームページ
電車・バスで JR赤羽駅から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 北区道路公園課 TEL:03-3908-9275
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
赤羽緑道公園

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!