羽田可動橋

羽田可動橋

東京都大田区、海老取川河口に架かる首都高速道路1号羽田線の入口ランプとして使われた橋梁が、羽田可動橋。大型船の航路を確保する必要があるため、全国的にも数の少ない旋回橋となっていますが、湾岸線空港中央〜大黒JCT間の開通により、平成10年に使用停止に。

羽田トンネルのサブルートととして再注目

羽田可動橋

平成2年4月16日に運用が開始され、平成10年4月に終了したという短い期間だけ運用された旋回橋の羽田可動橋。
橋が設けられたのは、湾岸線が未開通だった当時、羽田トンネル付近でしばしば渋滞が発生していたため、空港入口(現・空港西入口)から入った車は、羽田トンネルを経由せず本線に合流できる迂回路として、羽田可動橋が架橋されたのです。

橋桁が時計回りに旋回する仕組みですが、現在は羽田トンネルが供用されているため、この部分は走行せず、オブジェ的に眺めるだけの存在に。
「羽田のブツ切り橋」とも呼ばれる存在ですが、羽田トンネルが昭和39年の開通から時を経て経年劣化によるコンクリート内部の鉄筋の劣化などが進行しているため、大規模な改修工事を行なう必要があるため、羽田可動橋の存在が再び注目されるようになっているのです。
これまで破却されなかったのは、羽田トンネルに何かあった時のサブルート(迂回路の確保)として温存していたということに。

羽田可動橋
羽田可動橋
名称 羽田可動橋/はねだかどうきょう
所在地 東京都大田区
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
羽田可動橋

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!