利田神社・鯨塚

利田神社・鯨塚

東京都品川区東品川1丁目、利田神社(かがたじんじゃ)の境内の一角に築かれているのが、鯨塚。
江戸湾に現れ、天王洲へと追い込んで捕獲、東京では唯一のクジラを埋葬した塚。江戸を驚かせた三大動物の一つ「寛政の鯨」の骨を埋めた上に立てられた供養塔です。

目黒川河口の砂州にクジラの頭部を埋葬

洲崎弁天
『安政改正御江戸大絵図』に描かれる洲崎弁天、東海寺周辺

ちなみに、江戸を驚かせた三大動物は、クジラのほか、「寛政の鯨」、「享保の象」(中野区・朝日が丘公園が象を飼育した象小屋跡)、「文政の駱駝」(両国広小路で見世物興行)で、クジラ以外は長崎からわざわざ陸路で江戸まで来たものです。

利田神社は、江戸時代初期に、沢庵宗彭(たくあんそうほう)が旧目黒川の河口の海に突き出た砂洲に弁才天(洲崎弁天)を祀ったことが始まりと伝えられ、明治初年の神仏分離で利田神社となったもの。
当時、洲崎は目黒川河口の砂洲を利用した漁師町で、幕府に魚介類を納める「御菜肴八ヶ浦」(おさいさかなはちかうら)のひとつにも数えられていました。
沢庵宗彭は、寛永16年(1639年)、徳川家光の願いで、旧目黒川の河口近くに東海寺を創建しているので、その際に、弁才天(仏教の守護神である天部の一つ)を祀ったのかもしれません。

洲崎弁天は、歌川広重の『名所江戸百景 品川すさき』に描かれ、江戸時代後期の天保年間、斎藤月岑が7巻20冊で刊行した江戸の地誌『江戸名所図会』にも記載されています。

捕獲したクジラの頭部を埋葬したと伝えられる鯨塚は、高さ103cm、幅153cm、厚さ31cmの自然石で、一見すると富士講の碑のようなかたち。
鯨塚の正面には谷素外の俳句「江戸に鳴る 冥加やたかし なつ鯨」が刻まれています。
隣接する品川浦公園にはクジラ頭部のモニュメントも設置。

鯨塚碑の原文は以下。

武州荏原郡品川浦   天王洲漁人等建之
鯨鯢ハ魚中ノ王 本邦西南ノ海ニ多ク東北ノ海ニ少ナリ 今年仲夏
甲子ノ日 始子品川天王洲  舟ヲ以テ囲ミ矛ヲ以テ刺 直ニ廳事
ニ訴フ衆人コレヲ聞テ コレヲ見ント 数日群集ス 諺ニ此魚ヲ獲
時ハ七郷富潤フトフ漁長ニ代ッテ祭之詞  玉池一陽井 素外
 江戸に鳴  冥加やたかし  なつ鯨
寛政十年戌午夏 華渓稲貞隆書

歌川広重の『名所江戸百景 品川すさき』
歌川広重の『名所江戸百景 品川すさき』(鯨塚は描かれていません)

江戸を驚かせた三大動物の一つ「寛政の鯨」とは!?

『江戸名所図会』洲崎弁天
『江戸名所図会』に描かれた洲崎弁天と鯨塚(○印)

寛政10年5月1日(1798年6月14日)に、前夜からの暴風雨で1頭のクジラが品川沖に迷い込んだことで、近在の漁師たちはこのクジラを天王洲に追い込んで捕獲。
当時、房総半島では鯨組が組織され捕鯨が行なわれていましたが、江戸湾奥、まさに江戸前でのクジラの捕獲は異例のこと。

記録によれば、捕獲されたクジラの体長は16m強、体高2mほどで、セミクジラと推測されています。
これが「寛政の鯨」と呼ばれる江戸の珍事、江戸を驚かせた三大動物のひとつで、クジラは縄を掛けて舟で浜御殿(現在の浜離宮恩賜公園)まで運ばれ、将軍・徳川家斉も目にしています。

その後、村役人の検分を受け、入札によって払い下げられ、胴体部分が金41両3分で落札されています。
これは鯨肉を食べるのではなく、脂が取るためで、残った頭骨は、当時の洲崎弁天の境内に埋められ、鯨塚が建立されたのです。

利田神社・鯨塚
名称 利田神社・鯨塚/かがたじんじゃ・くじらづか
所在地 東京都品川区東品川1-7-17
関連HP しながわ観光協会公式ホームページ
電車・バスで 京急北品川駅から徒歩6分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
目黒川水門

目黒川水門

東京都品川区東品川2丁目、天王洲運河の天王洲アイル・東品川海上公園横に位置する水門が、目黒川水門。目黒川との合流点近くに位置するのがその名の由来で、「運河ルネッサンス」の一環として水門扉に江戸時代に天王洲に追い込んで捕獲した『しながわ鯨』が

東品川海上公園

東品川海上公園

東京都品川区東品川2丁目、東品川3丁目、天王洲アイルとその南に位置する品川区立の公園が、東品川海上公園。目黒川の河口、天王洲運河との合流点に位置し、目黒川に架かるアイル橋をはさんで、北側と南側に分かれています。北側エリアには、クジラをイメー

利田神社・鯨塚

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!