石神井城

石神井城

東京都練馬区石神井台、石神井公園(しゃくじいこうえん)の三宝寺池南岸にある中世の城館跡が、石神井城。石神井川流域を拠点とした豊島氏(豊嶋氏)の居城で、鎌倉時代中期~末期頃の築城と推測されています。中世の城なので石垣などはなく、内郭の土塁、空壕が現存しています。東京都の史跡に指定。

石神井川流域を支配した豊島氏の拠点となった城

石神井城は、文明9年(1477年)、豊島勘解由左衛門尉(としまかげゆさえもんのじょう=豊島泰経・としまやすつね)が城主の時に太田道灌(おおたどうかん)によって落城し、廃城となっています。
城の中心部分にあたる内郭の土塁と空壕のみ現存。
石神井城を築いた理由は、石神井川の源流となる三宝寺池の水利を抑え、流域を勢力下に収めるため。

現在の練馬区には、室町時代、石神井城の支城として築かれた練馬城もありましたが、それが遊園地「としまえん」のあった場所(「ワーナー ブラザースの「スタジオツアー東京 メイキング・オブ ハリー・ポッター」が令和5年開業)です。
支城の練馬城、板橋城(現・板橋区東山町、上板橋小学校周辺)、滝野川城(現・北区滝野川3丁目、金剛寺周辺)、平塚城(現・北区上中里1丁目、平塚神社周辺)を石神井川沿いに1里(4km)間隔ほどで築いて守りを固めています。

平成10年11月の主郭構造解明調査で、堀の形態は底面が平らな箱堀で、 深さは底面まで6m、幅が11.7m〜12.5m、土塁は、堀の端から裾部まで16.3mで、現存する高さが3mと判明しています。

平成12年11月の発掘調査で、土塁の盛土下層から刃の先端部が折損した鉄製小刀(現存する長さ16.3cm)、室町時代の常滑焼(とこなめやき=現・愛知県知多半島で焼成された焼物)の破片なども出土しています。

練馬区と豊島氏の歴史は、石神井城跡東側、石神井公園に隣接する石神井松の風文化公園内の管理棟内の「石神井公園ふるさと文化館分室」で解説されています。

太田道灌の江戸城築城と石神井城の落城の関係とは!?

豊島氏は鎌倉時代には守護・地頭職を務め、室町時代には関東管領(かんとうかんれい)上杉氏に属し、南武蔵でその勢力を培っていました。
文明3年(1471年)、関東管領・上杉顕定(うえすぎあきさだ) から上野国・館林城攻撃で奮戦したことを賞する感状が届いています。

その後、関東では関東管領・上杉氏の専制に対抗し、鎌倉府の再興を願い出た越後国守護・上杉房朝(うえすぎふさとも)や関東の武士団が力をつけ、享徳の乱(きょうとくのらん)が勃発。
扇谷上杉家の配下・太田道灌が享徳の乱に際して康正3年(1457年)江戸城を築城し、豊島氏との対立が生まれました。

豊島泰経は石神井城、練馬城(東京都練馬区)で挙兵し、河越城、岩槻城と江戸城の連絡を分断しますが、江古田原・沼袋の戦いで、江戸城から出陣した太田道灌に敗れ、石神井城に敗走。
石神井城も落城し、豊島泰経は最終的に小机城(現・横浜市)に逃れていますが、その後の消息はありません。

石神井城
名称 石神井城/しゃくじいじょう
所在地 東京都練馬区石神井台
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで 西武池袋線線石神井公園駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道練馬ICから約3.5km
駐車場 石神井公園駐車場(70台/有料)
問い合わせ 都立石神井公園管理事務所 TEL:03-3996-3950
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

石神井公園

昭和34年、練馬区石神井町に開園した大部分を池が占める東西に細長い都立公園が石神井公園。湧水池の三宝寺池、石神井池の二つの池を中心とした公園で、武蔵野の自然が残されています。池の辺には湿生植物が茂り、鳥が多く集まるので、野鳥観察にもおすすめ

石神井公園・ボート場

石神井公園・ボート場

東京都練馬区、東京都立の石神井公園(しゃくじいこうえん)内にある、三宝寺池、石神井池のうち、石神井池ではボート遊びが可能。石神井池の東端にボート場があり、通年、ボート遊びを楽しむことができます(12月~2月は土・日曜、祝日のみ営業、シーズン

三宝寺池

三宝寺池

東京都練馬区にある都立公園の石神井公園にある湧水池が、三宝寺池。石神井公園には西の三宝寺池(さんぽうじいけ)、東にボートの浮かぶ石神井池がありますが、三宝寺池の周囲には、三宝寺池沼沢植物群落(さんぽうじいけしょうたくしょくぶつぐんらく)があ

三宝寺池沼沢植物群落

三宝寺池沼沢植物群落

東京都練馬区にある都立公園の石神井公園にある湧水池が、三宝寺池。池の中の島は、昭和10年、三宝寺池沼沢植物群落として国の天然記念物に指定。指定当時には、カキツバタ、ミツガシワ、ヒツジグサなど水生植物が繁茂していました。現在でも東京23区内に

金剛寺(滝野川城)

金剛寺(滝野川城)

東京都北区滝野川3丁目にある真言宗豊山派の寺、金剛寺(こんごうじ)。創建は定かでありませんが、平安時代末に源頼朝が陣を構えたとも伝えられることから戦略的な要衝で、寺一帯は、中世、豊島氏の支族・滝野川氏の居館・滝野川城だったとも伝えられていま

平塚神社(平塚城)

平塚神社(平塚城)

東京都北区上中里、JR上中里駅のすぐ南側の高台にある古社が、平塚神社。元禄5年(1692年)編纂の『平塚明神并別当城官寺縁起絵巻』によれば、この地に豊嶋郡の郡衙(ぐんが=郡役所)、平安時代に豊島近義が平塚の要害を利用して平塚城を築城した地と

石神井城

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!