くめがわ電車図書館

くめがわ電車図書館

東京都東村山市美住町にある地域住民によって運営されるユニークな図書館が、くめがわ電車図書館。5000冊もの本が収蔵される電車は、西武鉄道の旧101系クハ1150。昭和46年に先頭車として製造された車両で、平成10年に黄色の西武カラーとなり、平成12年に廃車後、東村山市に搬入されています。

電車のなかに絵本、児童書を中心に5000冊が並ぶ

東村山に市立の図書館がない昭和42年、久米川公団住宅の自治会が中心となり、西武鉄道の廃車(311系クハ1311/ベージュと赤の車両で通称「赤電」)を貰い受けて開館したのが始まり。
久米川団地の建て替えの際に(現在はURグリーンタウン美住一番街)、旧車両の老朽化から廃止の危機もありましたが、新たにクハ1150を導入して存続。

絵本、児童書を中心に5000冊が並んでいますが(東村山市の補助金を利用して、毎年150冊ほど入れ替え)、今でも市立図書館の分館ではなく、あくまでも地域の文庫という立場になっています。
内部には書庫と昔のままのロングシートの座席があり、座って本が読める仕組み。

塗装関係の会社の経営者たちが運営するボランティア団体「塗魂ペインターズ」が、再塗装をしたりして維持管理に協力しているんだとか。

通常は水・土曜の午後のみ開館なので、開館日と開館時間を、東村山市の関連HPや、くめがわ電車図書館のTwitterなどで確認してから、訪問を。

くめがわ電車図書館
名称 くめがわ電車図書館/くめがわでんしゃとしょかん
所在地 東京都東村山市美住町1-4-1
関連HP 東村山市公式ホームページ
電車・バスで 西武多摩湖線八坂駅から徒歩10分。または、西武新宿線久米川駅から東村山駅西口行きバスでグリーンタウン西下車、徒歩2分
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
くめがわ電車図書館

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!