待乳山聖天スロープカー

待乳山聖天スロープカー

東京都台東区浅草、浅草寺(せんそうじ)の子院で、聖観音宗の寺・本龍院は、待乳山聖天(まつちやましょうでん)として有名。隅田川沿いの東京都道314号(言問大谷田線)と高台に位置する境内とを結び、さくらレールと呼ばれる待乳山聖天スロープカーが設置されています。

都内に2ヶ所しかないスロープカーで本堂へ!

本龍院の駐車場・信徒会館脇から本堂横を結ぶスロープカー。
車両は小型で4人乗り、レール長18m、最大斜度26度を毎分25mというスピードで上るので、乗車時間はわずかに1分ほど。
それでもバリアフリー施設として、貴重な参詣者の足となっています。

スロープカーは、工事用モノレールなどを手掛ける福岡県飯塚市の嘉穂製作所が開発・製造している斜面走行モノレール(跨座式モノレール)。
急坂、階段を克服するバリアフリー対策などで、稲佐山公園(長崎市)、皿倉山(北九州市)など全国に設置され、寺社の境内などにもありますが、東京都内では飛鳥山公園(北区)の飛鳥山公園モノレール(あすかパークレール)「アスカルゴ」と待乳山聖天スロープカーの2ヶ所だけです。

待乳山聖天スロープカー
名称 待乳山聖天スロープカー/まつちやましょうでんすろーぷかー
所在地 東京都台東区浅草7-4-1
電車・バスで 東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武スカイツリー線浅草駅から徒歩10分
ドライブで 首都高速駒形ICから約1.3km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 待乳山聖天 TEL:03-3874-2030/FAX:03-3874-5280
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
待乳山聖天(本龍院)

待乳山聖天(本龍院)

東京都台東区浅草にある聖観音宗の寺、本龍院。浅草寺の子院のひとつで、山号の待乳山、本尊の歓喜天(聖天)から待乳山聖天(まつちやましょうでん)と称されています。奈良県生駒市の生駒聖天(宝山寺)、埼玉県熊谷市の妻沼聖天(歓喜院)とともに日本三大

飛鳥山公園モノレール(あすかパークレール)

徳川吉宗が山桜を植栽し、江戸時代から桜の名所として名高い、王子、飛鳥山公園(東京都北区)。飛鳥山と呼ばれるような「山」ゆえに、年配の人や妊婦などには階段が大きな障害に。そこで北区がバリアフリー化の波に乗って平成21年に開通させたのが、ユニー

待乳山聖天スロープカー

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!