古川親水公園

古川親水公園

東京都江戸川区、江戸川6丁目にある区立公園が古川親水公園。江戸川の旧河道である古川の流れをそのまま全長1.2kmの公園にしたもので、昭和48年、日本初の親水公園として誕生。都会の中では修復不可能と思われていた清流を蘇らせた公園で、夏は水遊びを楽しむことができます。

徳川家康が改修した船堀川が前身

行徳塩田で産する塩を江戸に運ぶ水路として江戸川の旧河道を利用して修復された船堀川が前身。
天正18年(1590年)、徳川家康は江戸に入府すると、小名木川を開削し、同時に旧河道を利用して江戸川と結ぶ船堀川を開き、行徳の塩を江戸に運んだのです。

自然河川のままに蛇行する船堀川では不便だったため、寛永6年(1629年)、人工河川(運河)の新川を掘削、船堀川は古川と呼ばれるようになりました。
舟運の絶えた古川は生活の川となり、江戸時代には河畔に妙勝寺(日蓮宗、中山法華経寺の中本寺)が建つ風流な地として『江戸名所図会』にも「二之江・妙勝寺」が描かれていますが、今も真福寺、西光寺、蓮華寺、妙勝寺が古川親水公園に沿って並んでいます。

高度成長とともに、昭和30年代後半には、工場排水や生活排水が流れ込み、ドブ川と化したため、その悪臭にも悩まされるようになったのです。
こうしたことから、当初は埋め立てが計画されましたが、川を残してほしい、江戸川の水を導入して新しい川に蘇らそうとの住民の強い要望があり、古川親水公園として生まれ変わりました。
治水、利水というそれまでの河川利用から初めて親水という新しい時代の幕を開けたのです。

野瀬文橋前、古川けやき公園前にはじゃぶじゃぶ池もオープン(じゃぶじゃぶ池のみ消毒、循環ろ過が行なわれています)。

『江戸名所図会』二之江・妙勝寺
『江戸名所図会』二之江・妙勝寺
古川親水公園
名称 古川親水公園/ふるかわしんすいこうえん
所在地 東京都江戸川区江戸川6丁目内
関連HP 江戸川区公式ホームページ
電車・バスで 江戸川区公式ホームページ
ドライブで 都営船堀駅・一之江駅、東京メトロ葛西駅から徒歩20分
問い合わせ 江戸川区水とみどりの課 TEL:03-3652-1151
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
古川親水公園

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!