白ママ断崖

白ママ断崖

東京都新島村、島の東岸、南北6.5kmに渡って続く美しい白砂の羽伏浦海岸の南端、大峯(300.8m)直下にある高さ250mもの断崖(海食崖)が白ママ断崖。ママは、間々下海岸(新島西岸)と同じで、崖を意味する古語。白い断崖は、新島南部の向山(むかいやま)の火山活動で生まれた白ママ層に由来。

伊豆七島最大の白ママ層の露頭

白ママ断崖

白ママ層は、新島の白ママ断崖を筆頭に、神津島天上山、多幸浜、前浜、沢尻浜(沢尻湾)、長浜、式根島の一部に見られます。
30m〜50mほどの断崖が多いので、最大250mという新島の白ママ断崖はその筆頭。

この不思議な白ママ層、地質学的には、海底火山だった時代に、流紋岩の降下火山灰が海底に堆積して生じたもの、もしくは流紋岩が水によって浸食、粉砕されて海底に堆積したものだと推測されています。

新島の白ママ断崖は、海岸沿いに歩けばかなり接近して見上げることもできますが(浜を歩く場合は波にさらわれる危険があります)、羽伏浦海岸から遠望するのが無難です。

白ママ断崖
白ママ断崖
名称 白ママ断崖/しろままだんがい
所在地 東京都新島村羽伏浦
電車・バスで 新島港から徒歩45分、または新島空港からタクシーで5分、新島港からタクシーで8分で羽伏浦海岸
ドライブで 新島港から約3.8kmで羽伏浦海岸
駐車場 羽伏浦海岸駐車場(30台/無料)を利用
問い合わせ 新島観光協会 TEL:04992-5-0001/FAX:04992-5-0946
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
羽伏浦展望台

羽伏浦展望台

東京都新島村(にいじまむら)、新島東岸、新島の中央部に南北6.5kmに渡って続く白砂のロングビーチが羽伏浦(羽伏浦海岸)。その美しい海岸線を北側から一望にするのが羽伏浦展望台。羽伏浦漁港に向う新島本道沿いに展望台、展望塔が設置されています。

羽伏浦海岸

羽伏浦海岸

東京都新島村、南北に細長い新島の東海岸の大部分を占めるのが羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)。伊豆七島屈指の美しい海岸で、真っ白な砂浜が南北に6.5kmにもわたって続いています。この白砂は、火山島・新島特産のコーガ石(抗火石)などが粉になった

白ママ断崖

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!