柴又帝釈天

柴又帝釈天

東京都葛飾区柴又7丁目にある日蓮宗の寺が、柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)。寛永6年(1629年)の創建で、正式名は経栄山題経寺(きょうえいざんだいきょうじ)。宗祖・日蓮自らが彫ったという帝釈天を祀っていることから、「柴又帝釈天」の名で親しまれています。

江戸時代から名高い疫病除の「一粒符」を授与

帝釈天は、鬼子母神、弁才天、吉祥天、大黒天などとともに仏教の守護神(護法神)である天部のひとつ。
帝釈天信仰が急速に広まったのは、江戸時代中期、天明の大飢饉(てんめいのだいききん/1782年〜1788年)から。
当時の住職が板本尊を背負い、江戸はもちろん、下総の人々の救援活動を行なったことから、病難や火難の守護神として庶民の間で信仰されるようになったのです。

この板本尊は一時不明となっていましたが、安永8年(1779年)、庚申(かのえさる)の日に再び姿を現したとされることから、庚申の日が縁日に。
寝ずに無病息災、不老長寿を願う当時の「庚申講」や「庚申待ち」などと結びつき、「宵庚申」の参詣が一種のブームとなり広がったのです(提灯の行列が延々と続いたと伝えられています)。
柴又帝釈天の本堂で一夜を明かし、一番開帳を受け、庭先に溢れ出る御神水を戴いて家路についたのです。

参道(現在の柴又帝釈天参道商店街)の発展もこの縁日がルーツ。
今でも2ヶ月に一度(年に6回ほど)、庚申の縁日が行なわれ、帝釈天板本尊がご開帳されています。

映画『男はつらいよ』シリーズでは笠智衆(りゅうちしゅう=実家は現・熊本県玉名市の来照寺)が柴又帝釈天の住職・日奏上人、佐藤蛾次郎(さとうがじろう)演じる源吉が寺男として働いているので、しばしばロケにも使われています。

境内には七堂伽藍が配され、入母屋造りの帝釈堂の内陣外壁には、『法華経』(ほっけきょう)の説話を彫り込んだ素晴らしい板絵彫刻(昭和9年完成)があることから、別名「彫刻寺」とも。
本堂裏手には幽玄な回廊式庭園「邃渓園」(すいけいえん)も配されています。
邃渓園、彫刻ギャラリーのみ拝観料が必要。

授与品のうち、「除疫守」は、風封じと呼ばれる伝統のお守りで、毎年10月1日〜12月20日に受付、元旦〜1月7日まで祈祷され、1月15日〜3月に授与。
天明年間に疫病が流行った際に、それを退けたという「一粒符」(いちりゅうふ)も授与されますが、庚申の日に特別祈願を申し出た人には、帝釈天御符(非売品)が授与されています。

柴又帝釈天の東側には江戸川が流れ、昔ながらの渡船、矢切の渡しが運航されています。

柴又帝釈天
名称 柴又帝釈天/しばまたたいしゃくてん
所在地 東京都葛飾区柴又7-10-3
関連HP 柴又帝釈天公式ホームページ
電車・バスで 京成柴又駅から徒歩5分
ドライブで 首都高速四つ木ランプから約6.7km
駐車場 帝釈天駐車場(40台/有料)
問い合わせ 柴又帝釈天 TEL:03-3657-2886
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
柴又駅

柴又駅

東京都葛飾区柴又4丁目にある京成電鉄金町線の駅が、柴又駅(しばまたえき)。明治32年12月17日、帝釈人車鉄道(たいしゃくじんじゃてつどう、現・京成金町線)の駅として開業した歴史ある駅で、レトロな下町風情を残した柴又帝釈天の玄関駅。「関東の

フーテンの寅像と見送るさくら像

フーテンの寅像と見送るさくら像

東京都葛飾区柴又4丁目、京成金町線柴又駅の駅前広場にあるのが、フーテンの寅像と見送るさくら像(制作・吉田穂積)。 松竹映画『男はつらいよ』シリーズの舞台、柴又帝釈天へと続く柴又帝釈天参道商店街の玄関駅で、寅さん(渥美清)を見送る形

柴又八幡神社(柴又八幡神社古墳)

柴又八幡神社(柴又八幡神社古墳)

東京都葛飾区柴又3丁目にあるかつての柴又村の鎮守社が、柴又八幡神社。創建年代は定かでありませんが、社殿は柴又八幡神社古墳の上に建ち、社殿の下に石室が隠されています。古墳からは帽子のようなものを被った、いかにも寅さん風の埴輪が出土し、「寅さん

葛飾柴又寅さん記念館

葛飾柴又寅さん記念館

東京都葛飾区柴又6丁目、江戸川の畔、矢切の渡しの柴又側乗船場近くに建つのが、葛飾柴又寅さん記念館。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』(主演・渥美清)から生まれた寅さんは、国民的なアイドル。この映画の世界にたっぷりと浸ることができるのが寅さん

矢切の渡し(柴又渡船場)

矢切の渡し(柴又渡船場)

東京都葛飾区、江戸川の河川敷、柴又野球場A面の横にあるのが、矢切の渡し(柴又渡船場)。矢切の渡し歌碑、水原秋桜子句碑、だれでもトイレなどが整備されています。河川敷道路へは車は侵入できないため、江戸川河川敷の柴又公園駐車広場から矢切の渡しへの

柴又帝釈天

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!