武蔵関公園・ボート場

武蔵関公園・ボート場

東京都練馬区関町北3丁目にある練馬区営の公園が、武蔵関公園。その中心にあるのが、石神井川の洪水時の遊水池ともなる富士見池(富士見池調節池)ですが、北岸にはボート場があり、東京随一といわれる安い料金でボート遊びを楽しむことができます。

未就学児、75歳以上の人と乗船すれば、無料!

武蔵関公園・ボート場

ボートは手こぎボート(ロウボートのみ)ですが、ペダルボートのようにジャブジャブと音を立てることがないので、野鳥観察にも絶好。
静かに漕ぎ、オールを上げてそっと待てば、カワセミなどの野鳥を観察することもできます。

料金も格安で、利用者に小・中学生、そして65歳以上75歳未満が含まれれば、さらに割引に。
未就学児、75歳以上の人と乗船すれば、無料という特典も!
(変更の場合もあるので、事前に確認を)

富士見池は農業用の「関村の溜井」が前身で、大正時代に公園化されたもの。

武蔵関公園・ボート場
名称 武蔵関公園・ボート場/むさしせきこうえん・ぼーとじょう
所在地 東京都練馬区関町北3-45-1
関連HP 練馬区公式ホームページ
電車・バスで 西武新宿線東伏見駅から徒歩5分
駐車場 なし
問い合わせ 練馬区土木部維持保全担当課西部公園出張所 TEL:03-3904-7557
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
武蔵関公園

武蔵関公園

東京都練馬区関町北3丁目にある練馬区営の公園が、武蔵関公園。公園面積4.9ha、石神井川に沿い、南北に細長い富士見池を中心とした緑地公園で、散策、ボート遊び、砂場、遊具を使って子どもを遊ばせることができます。農業用の「関村の溜井」が前身で、

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京23区内でボート遊びができるのは10ヶ所。千鳥ヶ淵や不忍池、井の頭池は有名ですが、最も歴史を誇るのは意外にも武蔵関公園(練馬区)。ロウボート、サイクルボート、スワンボートが揃う都立公園、安さが自慢の区立公園と、環境と好みに合わせて利用可

武蔵関公園・ボート場

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!