2022年11月26日(土)~12月4日(日)17:30〜20:30、東京都品川区東五反田5丁目・池田山公園(備前国岡山藩池田家・下屋敷跡)で、池田山公園ライトアップイベント『紅葉の灯明-みあかし』が行なわれます。和を基調とした日本庭園ならではの光表現で、紅葉の庭園をライトアップします。

光のグラデーションで、非日常的な庭園を演出

池田山公園ライトアップイベント『紅葉の灯明-みあかし

備前国岡山藩池田家・下屋敷跡の起伏に富んだ地形を活かし、昭和60年に開園した池泉回遊式庭園。
梅、椿、ツツジ、花菖蒲、アジサイなどの四季の花と紅葉の名所で、紅葉の見頃(例年11月中旬~12月上旬)にあわせてライトアップを実施するもの。

園内の数カ所にお香を配置するなど、視覚だけでなく嗅覚や水音など五感で楽しむ空間を創出。
ライトアップイベント期間中は、池の周回路の一部と高台エリアが通行できます(通行路にはキャンドル型ライトを設置)。

岡山藩主・池田光政が構えた「大崎屋敷」の跡

池田山は、寛文8年(1668年)、岡山藩池田家下屋敷が置かれ、目黒川から見上げると小高い山に見えたことがその名の由来。

屋敷跡の大部分は昭和に入って住宅分譲地として売り出され、都内有数の高級住宅地となりましたが、旧池田邸3万8000平方メートルのなかの7000平方メートルだけを池田山公園(当時の品川区が土地を所有していた青果市場から購入)として残しています。
岡山藩池田家は、明暦3年(1657年)の明暦の大火で上屋敷などの各屋敷を焼失し、寛文8年(1668年)の上野の火事で下谷寺町(台東区)の邸宅をも失ったため、新たに屋敷地を求め、時の藩主・池田光政は、下谷邸を返上するかわりに、大崎に下屋敷を拝領するように願い出たのです。
これが通称「大崎屋敷」と呼ばれる池田山の下屋敷です。

池田山公園ライトアップイベント『紅葉の灯明-みあかし』|2022
開催日時 2022年11月26日(土)~12月4日(日)17:30〜20:30
所在地 東京都品川区東五反田5-4-35
場所 池田山公園
関連HP しながわ観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR・東急池上線・都営地下鉄浅草線五反田駅から徒歩15分
問い合わせ 池田山公園管理事務所 TEL:03-3447-4676
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

池田山公園

東五反田にある品川区立の公園。江戸時代は、岡山藩池田家下屋敷のあった地で、大名庭園の名残をとどめる池泉回遊式の庭園が現存しています。江戸時代から池田家の下屋敷があったことから池田山と通称されていたことが、公園の名の由来になっています。下屋敷

池田山公園ライトアップイベント『紅葉の灯明-みあかし

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!